Menu
(0)

Search

ビルの15階にたどり着くまで、各フロアの刺客を全員倒せ ─ 『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』第2班監督、アメコミ映画に就任交渉中

Kill Them All

スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け(2019)で第2班監督(セカンド・ユニット・ディレクター)を務めたヴィクトリア・マホーニーが、同名のコミック(グラフィック・ノベル)を原作としたアクション映画『Kill Them All(原題)』の監督として交渉中であることがわかった。米The Hollywood Reporterが報じている。

コミック『Kill Them All』は、アメリカで最も権威のある漫画賞の1つアイズナー賞にノミネートされたクリエイター、カイル・スタークスによって出版された。元々は、クラウドファンディング企画としてスタートしており、後に米Oni pressによって出版権が獲得されている。

物語の舞台はフロリダ州マイアミ。復讐に駆られる裏切られた殺人者の女と大酒飲みで元警官の男が、犯罪組織のボスを倒すという目的を果たすまでの物語が描かれる。2人は、ボスがいる高層ビルの15階にたどり着くまでに、各フロアに現れる刺客やギャングのボス、会社員や元カレたちを片っ端から殺しにかかっていく。1990年代のアクション映画へのラブレターと表現される作品だ。

本企画は、パラマウント・ピクチャーズにて進行している。プロデューサーを務めるのは、『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』(2011)『ミュータント・タートルズ』(2014)などで知られるアンドレ・ネメックとジョシュ・アッペルバウム。脚本には、『ヴァイキングダム』(2013)のジェームス・コインが就任している。

主にインディーズ映画や「アメリカン・クライム」(2015-2017)「POWER/パワー」(2014-2020)など、ドラマ作品の監督を務めてきたマホーニーは、『スカイウォーカーの夜明け』の第2班監督に大抜擢された。『スター・ウォーズ』シリーズでこの役割を務めた女性ないしは有色人種のフィルムメーカーは、マホーニーが初だという。直近では、『スター・ウォーズ』新3部作のJ・J・エイブラムス、『ゲット・アウト』(2017)のジョーダン・ピールが製作総指揮を務める、米HBOドラマ「ラブクラフト・カントリー(原題:Lovecraft Country)」のエピソード監督に就任しており、更なる活躍を見せている。

Source: The Hollywood Reporter

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly