Menu
(0)

Search

『DUNE/デューン』ドゥニ・ヴィルヌーヴ「ポストクレジットシーンは好きではない」─ その理由とは?

ドゥニ・ヴィルヌーヴ
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/35397143143/

『メッセージ』(2016)『ブレードランナー2049』(2017)『DUNE/デューン 砂の惑星』(2021)などで知られる天才監督、ドゥニ・ヴィルヌーヴはポストクレジットシーンを自身の作品に取り入れることは絶対にしないようだ。

ポストクレジットシーンとは、エンドロール後に登場するおまけ映像のことで、マーベル映画では次回作への伏線として主に挿入されていることが多い。ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督の最新作、『DUNE/デューン 砂の惑星』は二部作として構想されている作品だが、ポストクレジットシーンは存在しなかった。その理由とは一体何だったのだろうか。

NMEのインタビューにてドゥニ・ヴィルヌーヴ監督は、「ポストクレジットシーンが好きではありません」と説明している。「最後のフレームには、ラストならではの感情が込められているので、それを台無しにしたくはありませんでした。だからこそ、ポストクレジットシーンは使わないのです」。これまでのフィルモグラフィーでもヴィルヌーヴ監督は、ポストクレジットシーンを挿入したことはなく、「これからもやらないでしょう」と意志を固めている様子だ。

ポストクレジットシーンは今後の重要な物語を示唆する要素として有効で、観客を次回作まで惹きつけるためにも絶好な演出と言えるだろう。しかし、ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督は、続編要素を匂わせたまま終わらせるのではなく、ひとつの作品としての完璧な締めを追求し、その上で観客に究極の映画体験、特別な感情を届けたいと考えていたのだろう。

なお、『DUNE/デューン 砂の惑星』の続編は現時点では製作されることは正式発表されておらず、興行成績次第と言われている。もっとも、ワーナー・メディアのアン・サルノフCEOは、「『DUNE/デューン』の続編が作られるかどうかは、映画の終わり方を観ればお分かりいただけます」としながら、「興行収入だけが判断の基準になるわけではありません」と製作を示唆。映画本編は原作小説における半分ほどの進み具合で幕を閉じているため、この先の物語が描かれることを期待する方も多いだろう。実現することを祈るばかりだ。

Source: NME

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly