「『最後のジェダイ』ネタバレはやめてね」 ─ ルーク役マーク・ハミルが呼びかけ、トランプ大統領の便乗ツイートも

シリーズ最新作『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』の2017年12月15日公開を目前に控えた11月24日、ルーク・スカイウォーカー役のマーク・ハミルが改めてネタバレ禁止の徹底を自身のTwitterで周知した。

「クリスマスへのカウントダウン?」「いや、『スター・ウォーズ』だよ」のセリフが書かれたイラストと共にマークがツイートした”お願い”は以下の通りだ。

エピソード8待ち)ももうすぐ終わり!この機に、個人的なお願いがあります。『最後のジェダイ』の出来事はすべて、できるだけ内緒にしておいてください。ご理解ありがとうございます。」

本作『最後のジェダイ』について、マーク・ハミルはこれまでもネタバレ禁止の徹底を呼びかけてきた。2017年8月には、「今から12月まで(『最後のジェダイ』に関する情報の)全てを全力で避けろ」とアナウンス。また、『最後のジェダイ』特集号となったイギリスの映画雑誌EMPIREの発売時には「(公開日の)12月15日以降に読んでほしい」とツイートしていた。

『最後のジェダイ』は、シリーズ全作『フォースの覚醒』(2015)に続く作品。事前の告知によれば、ダース・ベイダーによる「私がお前の父親だ」を超える衝撃が待っているという。

 

ドナルド・トランプのツイートに便乗

さらにマーク・ハミルは、米国大統領ドナルド・トランプのツイートに乗っかったネタツイートも投下。

トランプ大統領が「タイム誌から連絡があって、去年みたいに多分”今年の人”に選ばれるだろうということだった。ところが、インタビュー取材と写真撮影を行わなければいけないという。”多分”と答えるのも良くないので、断ることにした。いずれにせよ、ありがとうございます!」とツイートすると、これに乗っかる形で以下のようにリプライしている。

「タイム誌から連絡があって、間違いなく”今年の人”に選ばれるだろうということだった。ところが、『最後のジェダイ』の重大なネタバレを語らなければいけないという。”問題ないよ”と答えたのに、却下されてしまったので、もうやらないことにした。いずれにせよ、ありがとうございます!」

ちなみにではあるが、件のトランプ大統領のツイートについてタイム誌は「”今年の人”の選出方法について、大統領は誤っておられる。タイム誌では12月6日の発刊まで、選出についてコメントすることはない」とツイートで追っている。

Source:https://twitter.com/HamillHimself/status/934145778385223681
https://twitter.com/HamillHimself

About the author

THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。