Menu
(0)

Search

『スター・ウォーズ』新作映画、既存キャラではなく新キャラで準備中 ─ 「ユニバース拡大せねば」

イメージ写真

『マイティー・ソー』シリーズや『ジョジョ・ラビット』(2019)などで知られるタイカ・ワイティティ監督が手がける、『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』(2019)以降初となる『スター・ウォーズ』新作映画。このプロジェクトについて、ワイティティが新情報を提供している。

本企画についてはタイトルやプロットなどの詳細は不明で、2022年5月にルーカスフィルムのキャスリーン・ケネディ社長が、「2023年の公開を目指している」と明かした以外の情報は分かっていない。

そんななか、米Total Filmの取材に応じたワイティティが、新作映画に関するヒントを提示している。

『スター・ウォーズ』のユニバースを広げるためには、拡大していかないといけません。『スター・ウォーズ』ユニバースで、みんなが“うわー、すげぇ。これがミレニアム・ファルコンの設計図かぁ”とか、“へぇ、これがチューバッカのおばあちゃんなのか”というような映画を作っても、僕は何の役にも立たないと思います。単独作品としては素晴らしいですが、僕は何か新しいことをしたり、新しいキャラクターを作ったりして世界を広げていきたい。そうでないと、すごく小さな物語に感じてしまうだろうから。

どうやらワイティティは、『スター・ウォーズ』シリーズのキャラクターであるハン・ソロを主人公にしたスピンオフ映画『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』(2018)や、『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(2016)といった、既存の物語に繋がるような映画を作るつもりはないらしい。

現在ワイティティは、『1917 命をかけた伝令』(2019)『ラストナイト・イン・ソーホー』(2021)のクリスティ・ウィルソン=ケアンズと脚本を共同執筆中だ。先日のインタビューで、その進捗状況についてワイティティは、「どうなるかはまだわかりません。まだ執筆している最中で、アイデアやストーリーを考えているところです。ただ、『スター・ウォーズ』映画だと感じられるように意識していますよ」とも語っている。

ワイティティが手がける新作映画がどんな作品になるかは未知だが、『マイティ・ソー バトルロイヤル』(2017)でシリーズをリブートしたとまで言わしめた監督のこと、きっと、これまでの『スター・ウォーズ』フランチャイズとは全く違う何かを生み出してくれるに違いない。

あわせて読みたい

Source:Total Film

Writer

Hollywood
Hollywood

ロサンゼルスに11年在住していた海外エンタメ翻訳家/ライター。海外ドラマと洋画が大好き。趣味は海外旅行に料理と、読書とキャンプ。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly