Menu
(0)

Search

タイカ・ワイティティ、『スター・ウォーズ』新作映画は「執筆している最中」─「『スター・ウォーズ』映画だと感じられるように意識」

タイカ・ワイティティ
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/36201776766/

スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』(2019)以降初となる、『スター・ウォーズ』の新作映画を手がけるのは、『マイティー・ソー』シリーズや『ジョジョ・ラビット』(2019)などでおなじみのタイカ・ワイティティ監督であることが判明済み。本企画の進捗について、Screen Rantのインタビューにて監督本人が明かしている。

2020年5月に第一報が伝えられた本企画は、『1917 命をかけた伝令』(2019)『ラストナイト・イン・ソーホー』(2021)のクリスティ・ウィルソン=ケアンズとともに、メガホンをとるタイカ・ワイティティが脚本を共同執筆。ユーモアにあふれたワイティティと、歴史ものや社会的な側面を取り入れた作品を手がけてきたケアンズ、このふたりのセンスがいかにして混ざり合い、『スター・ウォーズ』に新風を巻き起こすのだろうか?

『スター・ウォーズ』のディズニープラスドラマ「マンダロリアン」シーズン1でIG-11の声を担当し、最終話の監督も務め高く評価されたワイティティ。この度のインタビューにてワイティティは、これまでの『スター・ウォーズ』作品との違いについて質問されたところ、「どうなるかはまだわかりません。まだ執筆している最中で、アイデアやストーリーを考えているところです」と進捗を明かしながらも、「ただ、『スター・ウォーズ』映画だと感じられるように意識していますよ」と答えている。

「というのも、“何でもいいから、古い時代で、宇宙を舞台にした物語を書いて、『スター・ウォーズ』と最初につければいいんだ”みたいなこともできるわけですから。ある種の要素や内容が存在しないければ、『スター・ウォーズ』映画にはなりません。だから、その枠内に収まるようにしなければならないんです。」

つまり、“銀河を巡る物語”を描くだけでは、『スター・ウォーズ』映画とはならないというわけだ。シリーズが築き上げてきた世界観、ストーリーやキャラクターなど、何らかの継承が必要不可欠ということだろう。現時点で物語については不明だが、『スター・ウォーズ』の世界観のもと、ワイティティのユーモアにあふれたセンスが発揮された作品になることに期待したい。

Source:Screen Rant

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly