Menu
(0)

Search

「ワカンダは実在しません」 ─ 『ブラックパンサー』とある劇場のユーモアたっぷりの謝罪文が秀逸すぎると話題に

©MARVEL STUDIOS 写真:ゼータ イメージ

2018年2月16日(金曜日・現地時間)に全米公開を迎え、19日(月)までにアメリカ国外を含む興行収入が3億6,100万ドルとなり、名実共に社会現象となったブラックパンサーについて、とある劇場がユニークな「謝罪文」を発表したことが話題を呼んでいる。

アメリカはイリノイ州、ネイパービルに位置する「ハリウッド・パーム・シネマ」は2018年2月17日、『ブラックパンサー』にまつわる謝罪文をTwitter上に掲載。本作に登場するアフリカ奥地の架空の国ワカンダにちなんで「ワカンダへようこそ(Welcome to Wakanda)」と謳ったキャッチコピーに対し、「ワカンダが実在すると勘違いする」という苦情が届いたのだという。この的はずれなクレームに対し、劇場は皮肉とユーモアたっぷり込めた以下の謝罪文を発表したというわけだ。

「先程、『ブラックパンサー』における素晴らしい世界を語る“ワカンダへようこそ”のフレーズに否定的なご意見をいただきました。ワカンダは実在しないだろう、という苦情でした。

ハリウッド・パームスは本件を陳謝致します。私共は、小さく収まる防弾スーツや空飛ぶ車、そして男女平等の国ワカンダが、さも実在するような誤った印象を与える意図はありませんでした。

この場をお借りして、ソコヴィア難民の皆様、カマー・タージの皆様、そしてアスガルドより遥々いらした皆様にも、気分を害されたようでしたらお詫び申し上げます。」

『ブラックパンサー』ワカンダは、歴史上軽視されてきた黒人社会にこそ実は優れた技術と文化が人知れず繁栄していた、という基本設定に成り立っている。この理想郷を「さも実在するような誤った印象を与えてしまった」とする謝罪には、とびきりのブラックユーモアが潜んでいる。

さらに秀逸なのは、続いて「ソコヴィア難民」「カマー・タージ」「アスガルド」といったマーベル映画ファンにはお馴染みのキーワードの連発だ。言わずもがな、「ソコヴィア」は『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016)に、「カマー・タージ」は『ドクター・ストレンジ』(2017)に、そして「アスガルド」は『マイティ・ソー』シリーズに登場する、いずれも架空の地名。劇場側のマーベル・シネマティック・ユニバースに対する確かな愛情を示しつつ、皮肉も込めたあっぱれ対応術であった。

映画『ブラックパンサー』日本での公開は2018年3月1日。

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly