Menu
(0)

Search

スカーレット・ウィッチはユニバースを行き来することが出来る ─ エリザベス・オルセンが認める

ワンダヴィジョン
『ワンダヴィジョン』 ディズニープラスで配信中 (c) 2021 Marvel

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)による『ドクター・ストレンジ』(2016)続編、『ドクター・ストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス(原題)』は題名からもわかるように、マルチバースがキーワードとなる作品。そのマルチバースの鍵を握るのは、どうやらワンダ・マキシモフ/スカーレット・ウィッチになりそうだ。

この記事には、「ワンダヴィジョン」のネタバレが含まれています。

The Hollywood Reporter’s Award Chatterに出演したエリザベス・オルセンは、ワンダについて「いくつか楽しい能力を持っている」と語った。それは、『アベンジャーズ』シリーズやドラマ「ワンダヴィジョン」など、これまでの登場作でも見られた念力(テレキネシス)をはじめ、過去に一度も見せたことのない能力のようだ。なんと、「ユニバースを行き来することが出来る」というものだという。

これ以上の具体的な説明はなされていないが、この能力を駆使して、ワンダは別次元へと移動できるのではないか思われる。「ワンダヴィジョン」のエンドクレジットでは、スカーレット・ウィッチとなった“もうひとりのワンダ”が、消えたはずの子供たちの助けを呼ぶ声が聞こえる中、ダークホールド(魔術書)を読み解く恐ろしい姿が捉えられていた。

また同作の劇中ではアグネスことヴィランのアガサ・ハークネスが、ダークホールドに「スカーレット・ウィッチは生まれるのではなく、作り出される。仲間を持たず、呪文を唱えることなく力を使える。その力は“至高の魔術師”をも超える」と記されていたことも明かしていた。これらのシーンやセリフが意味するものが何なのかは定かでないが、マルチバースを予感させる内容とも言えるだろう。いずれにせよ、「狂気に満ちた映画」とも伝えられている、『ドクター・ストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス』でのワンダの活躍に注目したいところだ。

Source:The Hollywood Reporter’s Award Chatter

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly