Menu
(0)

Search

スカーレット・ウィッチ&ヴィジョン単独ドラマ、タイトルは「ワンダヴィジョン」 ─ マーベルが製作発表、「Disney+」で配信へ

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー
DISNEY/MARVEL/PLANET PHOTOS 写真:ゼータイメージ

米マーベル・スタジオは、『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016)『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018)などの主要キャラクターであるワンダ・マキシモフ/スカーレット・ウィッチ&ヴィジョンの単独ドラマ製作を正式に発表した。

2019年4月11日(米国時間)、米ウォルト・ディズニー・カンパニーは、自社の新映像配信サービス「Disney+」の詳細情報を告知。スカーレット・ウィッチ&ヴィジョンの単独ドラマは、同サービスの配信ラインナップの一本として発表されたものだ。

これまで本作のタイトルは、主に米国メディアにおいて「ヴィジョン&スカーレット・ウィッチ(Vision and the Scarlet Witch)」として伝えられていた。ただし今回、マーベル・スタジオは作品タイトルを「ワンダヴィジョン(邦題未定、原題:WandaVision)」として正式に発表。現時点でストーリーの内容は不明だが、あえて邪推するならば、これはワンダとヴィジョンの二人を指すものでありつつ、ワンダ・マキシモフという女性の視野(vision)に焦点を当てることを示唆する、いわばダブルミーニングなのかもしれない。

本作でスカーレット・ウィッチ&ヴィジョンを演じるのは、もちろん従来作品に続いての登場となるエリザベス・オルセンポール・ベタニー。『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』で心の通い合うさまを繊細な演技で紡ぎ出した二人は、今度はどんな物語を体現してくれるのだろうか。脚本・製作総指揮を務めるのは、すでに『キャプテン・マーベル』でマーベル・シネマティック・ユニバースに参加しているジャック・スカエファー。スカーレット・ヨハンソン主演で企画されている、ブラック・ウィドウの単独映画(タイトル未定)でも脚本を執筆している。

「Disney+」では本作のほか、トム・ヒドルストン主演「ロキ(邦題未定、原題:Loki)」、アンソニー・マッキー&セバスチャン・スタン主演「ファルコン&ウィンター・ソルジャー(邦題未定、原題:The Falcon and The Winter Soldier)」が製作されるほか、クリント・バートン/ホークアイの単独ドラマ化企画も報じられている。マーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長は、一連のドラマシリーズが『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019年4月26日公開)以後のマーベル・シネマティック・ユニバースで重要な役割を担うことを明言済み。それぞれのストーリーは、従来のMCUにも深く関係することになるという。

ディズニーの新映像配信サービス「Disney+」は米国にて2019年11月12日にサービス開始。「ワンダヴィジョン(邦題未定、原題:WandaVision)」の配信時期は未定だ。

「Disney+」サービス詳細はこちらの記事で

Source: Disney

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly