Menu
(0)

Search

「ワンダヴィジョン」一番盛り上がるのは第何話?ヴィジョン役ポール・ベタニーが回答

ワンダヴィジョン
© 2020 Disney and its related entities

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の新機軸となるドラマ「ワンダヴィジョン」。毎週配信での展開となる本シリーズは、フェイズ4を開幕する作品ともあり、新しいエピソードが到着する度に大きな盛り上がりを見せそうだ。

2021年1月15日の配信開始が迫る中、ヴィジョン役を演じるポール・ベタニーに、米ComicBookがインタビューを実施。全9話の本シリーズでどのエピソードが最大の盛り上がりを見せるかという質問を投げかけた。これにベタニーは、数秒のあいだ沈黙。悩んだ末に「そうですね…おそらく7、8、9話あたりでしょうか」と答えた。「だって、考えてみてくださいよ」と続けるベタニーは、その理由をベタニーは以下のように語る。

「というのも、今の時点で皆さんが知っているのは、ワンダとヴィジョンが牧歌的な1950年代、白黒のアメリカ郊外に落ち着いていることだけですよね。そして、一週ごとに皆さんは“アメリカの世紀”の各年代を通して、物語の難関を通っていくんです。ヴィジョンが(作中で)“この街では何かがおかしい、この街ではおかしいことが起こっている”と言うように。そこが視聴者にとっても面白い部分だと思います。」

クリント・イーストウッド特集

※アメリカにおける20世紀半ば以降の期間

こう語るベタニーは、「視聴者が街で起こっていることに完全に気づくことになる」のが、「7話か8話」と改めて強調する。「それから大きな戦いを経て、理解するようになるんです」。現時点で全く先の読めない本シリーズで待ち受ける“大きな戦い”とはいったい…?シリーズ後半での白熱した展開に期待したいところだ。

「ワンダヴィジョン」は、『アベンジャーズ/エンドゲーム』後の世界を舞台に、スカーレット・ウィッチ/ワンダ・マキシモフとヴィジョンの郊外での生活を描いた作品。ワンダ役エリザベス・オルセンとヴィジョン役ベタニーがこれまでのシリーズから続投で主演を務める。

『マイティ・ソー』シリーズのダーシー・ルイス役でカット・デニングス、『アントマン&ワスプ』(2018)のFBI捜査官ジミー・ウー役でランドール・パークが再登場。『キャプテン・マーベル』(2019)のモニカ・ランボー役を『ビール・ストリートの恋人たち』(2018)のテヨナ・パリス、隣人のオウンティ・アグネス役を『ヴィジット』(2015)のキャスリン・ハーンが演じる。

Source:ComicBook

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly