Menu
(0)

Search

『アベンジャーズ』ワンダ役エリザベス・オルセン、ヴィジョンとの愛の鍵はマインド・ストーンと考察

エリザベス・オルセン
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/14616050827/ Remixed by THE RIVER

思えば、数あるマーベル・シネマティック・ユニバース作品の中でも、初めて「恋愛要素」が最大に描かれる作品になるかもしれない。Disney+で配信予定の「ワンダヴィジョン(原題:WandaVision)」だ。エリザベス・オルセン演じるワンダ/スカーレット・ウィッチと、ポール・ベタニー演じるヴィジョンを描く全6話のシリーズである。

ドラマの概要などは明らかにされていないが、2人はこれまでの劇中でも恋人関係として描かれている点がポイント。原作では能力によって現実を改変してしまうほど強力なパワーを持つワンダと、アンドロイドであるヴィジョンのドラマが描かれるものと予想できる。アベンジャーズの中でも最強クラスの2人のロマンスの行方は?

「ポール(・ベタニー、ヴィジョン)がインフィニティ・ストーンを持っているものと思っていました」と語るエリザベスは、ストーンこそが「恋人のような気持ちになったとき」の2人を結びつけるものだと考察する。

「私達の人間世界で、愛とか、パートナー、恋人についての話をするときって、たいてい説明ができないような部分があるじゃないですか。よくある、ケミストリーとか、2人を結びつけるフィーリング、みたいな感じの。私の中での答えは、スカーレット・ウィッチとヴィジョンの間のそれって、ストーンなんですよ。

人の精神を司るマインド・ストーンは、『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』(2015)以降はヴィジョンの額に埋められている。『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018)では劇的な展開を迎えたが、「ワンダヴィジョン」がどの時系列で描かれるかは現時点で不明だ。エリザベスは「サンディエゴ・コミコン」で同作が発表となった際、「風変わりで、ディープで、たくさんのサプライズがある」と予告。「ついにワンダ・マキシモフこそスカーレット・ウィッチなのだと理解できる」とも宣言されているから、もしかすると原作コミック同様に魔法を使ってヴィジョンとの間に子を設けたり、現実を改変するという展開が待っているかもしれない。もしも、そこにマインド・ストーンが関わってくるなら……?

Source:Comicbook.com

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly