Menu
(0)

Search

「ワンダヴィジョン」パイロット版の脚本、「書くのはほんっとうに大変だった」

ワンダヴィジョン
『ワンダヴィジョン』 ディズニープラスで配信中 (c) 2021 Marvel

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の新機軸となるドラマ「ワンダヴィジョン」では、主人公ワンダ・マキシモフ/スカーレット・ウィッチ(エリザベス・オルセン)とヴィジョン(ポール・ベタニー)、2人を取り巻く奇妙な世界観が描かれる。マーベル・スタジオ初の試みが詰め込まれた本作のストーリーを作り上げるのは一筋縄ではいかなかったようで、その苦労を脚本家・ショーランナーのジャック・シェイファーが明かしている。

このたび米Colliderのインタビューに登場したシェイファーは、『ブラックウィドウ』(2021年公開)の原案に続いて手がけることになった「ワンダヴィジョン」脚本における作業当時を回顧。「パイロット版こそ全ての基となるので、思い入れは深いですね」と語りながらも、「執筆するのはほんと、ほんとに、ほんっとうに大変でした」と当時の奮闘を振り返ってもいる。

本作の物語は、回を重ねていくにつれて時代が進む特殊なシットコム形式で展開。これと同時に、これまで多くが語られてこなかった『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019)後の実世界のありさまが新事実と共に映し出されていく。1話あたり30〜40分の尺のなかで多くの情報が詰め込まれているのだ。そんな本作をMCUの新たな始まりを告げる重要作として意識しながら、一貫したストーリーに落とし込まなければならなかったシェイファーの苦労は、われわれの想像を遥かに越えるものだったはずである。

ところでシェイファーは、別のインタビューでこんなことも言っていた。「答える必要のあるすべてのことに答えますよ」。物語が先に進むにつれて、虚実ないまぜのミステリーが視聴者の前に現れてくる本作だが、結末を迎える頃には全ての謎が解明されるということだろう。

あわせて読みたい

Source: Collider

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly