Menu
(0)

Search

「ワンダヴィジョン」は「マーベル流シットコム」、謎さらに深まる ─ 『マイティ・ソー』『アントマン』から思わぬキャスト2名が登板

ワンダヴィジョン
Photo by Jesse Grant / Copyright 2019 Getty Images

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)のドラマシリーズ「ワンダヴィジョン(邦題未定、原題:WandaVision)」のストーリーと新たな出演者が、2019年8月23日(米国時間)、ディズニーの大型イベント「D23 Expo 2019」にて発表された。

このたび、ステージにはマーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長をはじめ、主役を務めるワンダ・マキシモフ/スカーレット・ウィッチ役のエリザベス・オルセン、ヴィジョン役のポール・ベタニーらが登壇。発表によると、本作は「理想的な郊外生活を送っていたワンダとヴィジョンが、何かがおかしいと思い始める」ストーリーになるとのこと。またベタニーいわく、本作は「独特のスタイル」で、「長年にわたるアメリカン・シットコムと、マーベルのアクション映画が融合したようなシチュエーションから始まる」という。どういうことなの?


2019年7月の正式発表時から、ケヴィン社長は本作について「これまでとは全く異なる作品です」だといい、オルセン&ベタニーも「サプライズに満ちた」「風変わりな」作品だと口を揃えていた。しかしそれにしても、情報が発表されるたびに謎が深まっているように思われる。

それというのも、このたび『マイティ・ソー』(2011)『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』(2013)でジェーン・フォスターやエリック・セルヴィグ博士と活動したダーシー・ルイス役のカット・デニングス、『アントマン&ワスプ』(2018)でスコット・ラング/アントマンを監視したFBI捜査官ジミー・ウー役のランドール・パークが登板することが判明したのだ。ワンダやヴィジョンには全く関わりのない2人だけに、どう関わるのかは全くの未知数。なお『ヴィジット』(2015)『バッド・ママ』(2016)のキャスリン・ハーンが「おせっかいな隣人役」で初登場する。

ワンダヴィジョン
(左から)カット・デニングス、ランドール・パーク、キャスリン・ハーン。Photo by Jesse Grant / Copyright 2019 Getty Images

「ワンダヴィジョン」で脚本・製作総指揮を担当するのは、『キャプテン・マーベル』(2019)に携わったジャック・スカエファー。同作に登場したモニカ・ランボーも成長した姿で登場する(演じるのは『ビール・ストリートの恋人たち』テヨナ・パリス)とあって、ワンダとヴィジョンの物語には、『マイティ・ソー』『アントマン』『キャプテン・マーベル』という異なるシリーズからサブキャラクターが集まってきているのだ。

なお本作には、「FARGO/ファーゴ」「ゲーム・オブ・スローンズ」「ザ・ボーイズ」など人気ドラマのエピソード監督を数々務めてきたマット・シャクマンが監督に就任している。マット監督は米Varietyの取材にて、ワンダ&ヴィジョンについて「普通じゃない組み合わせですよね」と語った。

「ヴィジョンは人間ではなけれども、誰よりも人間らしいのかもしれません。そして、いつでも最も優れたことや賢明なことを言うし、世界について完璧に理解していますよね。一方、ワンダには多くのトラウマがあります。孤児であり、兄を失ったし、あらゆることを経験してきたんです。2人の組み合わせには非常に魅力を感じますね。(「ワンダヴィジョン」は)2人の奇妙で異様な、だけど全くもって正しい愛情を描いています。2人の関係性や成長をご覧いただけますよ。」

本作はディズニーの新映像配信サービス「Disney+」のオリジナル作品として製作されるが、スカエファーは、マーベル・スタジオのDisney+作品について「大作映画のよう」だと話している。「まったく小規模じゃないんです、ストリーミングだけど大スクリーンですよ。(映画と)同じ壮大さ、同じ視野、同じ可能性、同じリソース。まるでコミックを連載しているみたいだとも言ってます、すごく楽しいですね」。

ドラマ「ワンダヴィジョン(邦題未定、原題:WandaVision)」はDisney+にて2021年米国配信予定

あわせて読みたい

Sources: Disney, SR, Yahoo, Variety(1, 2

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。国内舞台作品の執筆・創作にも携わっています。ビリー・アイリッシュのライブに行きたい。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly