Menu
(0)

Search

「ワンダヴィジョン」のタイトルが「ワンダ&ヴィジョン」ではない理由、スパイク・リー監督作の影響があった

ワンダヴィジョン
『ワンダヴィジョン』 ディズニープラスで配信中 (c) 2021 Marvel

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)ドラマ「ワンダヴィジョン」(2021)のタイトルは、ワンダ・マキシモフ/スカーレット・ウィッチとヴィジョンの名前を組み合わせたものになっている。何を今更と思われるかもしれないが、なぜ「ワンダ&ヴィジョン」や、「スカーレット・ウィッチ&ヴィジョン」みたいにしなかったのだろうか?

今でこそ「ワンダ」と「ヴィジョン」が直接連なったこのタイトルが自然に親しまれているものの、その間を「&」で繋げる方法だってあったはずだ。そうしなかった理由は、スパイク・リー監督のとある作品の影響がある様子。言われてみれば気になるタイトルの秘密について、米Rolling Stoneのインタビューで、マーベル・スタジオのケヴィン・ファイギは「『ワンダ&ビジョン』とも『スカーレット・ウィッチ&ヴィジョン』ともしたくありませんでした」と経緯を説明している。

「2018年に、AFI(アメリカン・フィルム・インスティチュート)の昼食会に参加したとき、トップテンの映画が記載されている張り紙を見かけました。そこで、『ブラック・クランズマン(英題:BlackKkKlansman)』を見て思ったんです。“なんて格好良いんだろうか。ふたつの言葉を混ぜ合わせただけなのに、そのタイトルは観客に理解されている”と。だから、スパイク・リーには感謝していて、これまでにないほど変わった繋がりだとは思いますが、そういう経緯があったんです。」

というようなわけで、ファイギは“シンプルかつカッコイイ”を理由に、『ブラック・クランズマン』のように「&」なしで名前を連結させることにしたのだ。ちなみに『ブラック・クランズマン』は2018年に公開された作品で、黒人刑事が白人の振りをして白人至上主義団体「クー・クラックス・クラン(KKK)」に潜入捜査した実話を描く映画。ファイギが気に入った『BlackKkKlansman』は、Black(黒人)+KKK(団体名)+Klansman(団体員)を組み合わせたものだ。

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly