米ワーナー、DC映画ユニバースの製作陣営を全面再編へ ― ザック・スナイダーの監督予定なし

米ワーナー・ブラザースが、映画『マン・オブ・スティール』(2013)に始まったDC映画ユニバースの製作陣営を再編する計画を進めているという。米Variety誌が独占で報じている。

これまでワーナー/DCコミックスは、『マン・オブ・スティール』、『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』(2016)、『スーサイド・スクワッド』(2016)、『ワンダーウーマン』(2017)、『ジャスティス・リーグ』(2017)と計5本の映画を発表してきた。しかし、ヒーローのクロスオーバー作品として期待された最新作『ジャスティス・リーグ』は興行面でスタジオの期待を下回る結果となっていた。ワーナーの親会社であるタイム・ワーナーは、こうした結果に満足していなかったという。

DC映画、キーパーソン2名の待遇変更へ

大きな変化は、『バットマン vs スーパーマン』の批評的苦戦を受けてDC映画ユニバースに参加した2名のキーパーソンが、早くもその待遇を変更されることだろう。

映画プロデューサーのジョン・バーグ氏はDC映画の製作から離れ、今後は『LEGO(R) ムービー』(2014)や『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』などを手がけたプロデューサー、ロイ・リー氏のパートナーとして活動するという。なおDC映画を主導する後任者は決まっていないということだ。
また、脚本のリライトや『アクアマン(原題:Aquaman)』などの共同脚本に参加してきたジェフ・ジョンズ氏は、DCエンターテインメントのチーフ・クリエイティブ・オフィサーという現職にとどまるとみられる。今後もコミックやテレビ番組、グッズなど幅広い仕事に携わるため、映画には関与することになるようだ。もっともVariety誌によると、その関わり方はアドバイザーに近いものへと変わっていく可能性があるという。

タイム・ワーナーから出向しているワーナーの幹部陣は、こうしたDC映画ユニバースの製作陣営を一新する動きを支持。ワーナー社長のトビー・エメリック氏は、DC映画をスタジオの主力事業として位置づける考えだという。すなわちDCコミックスという独立した部門で映画製作を進めるのではなく、ワーナーが直接取り扱う意向なのだろう。記事には、ジェフ・ジョンズ&ジョン・バーグの両氏が今後の作品でメイン・プロデューサーを務めることはなさそうだと記されている。

ザック・スナイダー、ワーナーとの契約を継続へ

従来のDC映画ユニバースで創作面のキーパーソンとされていたのが、『マン・オブ・スティール』『バットマン vs スーパーマン』を手がけたザック・スナイダー監督だ。『ジャスティス・リーグ』では監督としてクレジットされているものの、内容がワーナーの意向に沿わなかったとして大量の再撮影が行われたほか、愛娘の死を受けて製作を途中降板しており、作品の仕上げ作業はジョス・ウェドンが代行している。

 

Variety誌によると、現時点でザック監督が新たなDC映画を監督する予定はないという。ただし『アクアマン』や『ワンダーウーマン2(仮題)』など複数の作品でプロデューサー/エグゼクティブ・プロデューサーを務めているため、その名前がクレジットから消えることはなさそうだ。ただし現在取り組んでいるプロジェクトの終了後、ザックがDC映画ユニバースに関わるかどうかはわからない。

一方、ワーナーとザックの契約は継続されるため、今後、同社にてザックがなんらかの作品を手がける可能性はある。そもそも『ジャスティス・リーグ』を降板する際、ワーナーはザックの復帰を支援する意向を示していたのだ。ザックは新作スリラー映画『ラスト・フォトグラフ(原題:The Last Photograph)』の製作を発表しているため、これがワーナーでの復帰第一作となるかもしれない。ただし記事によれば、タイム・ワーナーは『バットマン vs スーパーマン』の酷評以降もザックを起用するワーナー・ブラザースの方針を快く思っていないという……。

こうして現在発表されているラインナップはそのままに、ワーナーはDC映画ユニバースの“仕掛け人”たちを総入れ替えしようとしている。なお、この再編は2018年1月に行われるようだ。新たな陣営がどのような顔ぶれになるのか、今後の動向にも引き続き注目していきたい。

Source: http://variety.com/2017/film/news/dc-films-justice-league-1202632214/
The DC logo is a trademark of DC Comics.

About the author

稲垣 貴俊(Takatoshi Inagaki)。THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくしてお伝えできればと思っております。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。