ドラマ版「ウォッチメン」2019年米国放送へ ― めでたくシリーズ化が決定

アラン・ムーア原作&デイヴ・ギボンズ作画、DCコミックスの同名傑作コミックをドラマ化する「ウォッチメン(邦題未定、原題:Watchmen)」が2019年に米国で放送される見込みとなった。米HBO局が公式に発表した。

ドラマ版「ウォッチメン」の企画は2017年に始動し、パイロット版の製作が続けられてきた。このたびHBOは「ウォッチメン」のドラマシリーズ化を承認、いよいよ本格的に製作・放送へと動き出すことになる。

「なにひとつ終わっていない(Nothing ever ends.)」というキャッチコピーとともに公開された告知映像に登場するのは、おなじみ黒と黄色のカラーに血痕のついたスマイリーフェイス、そして2019年米国放送のアナウンスのみ。詳細は今後随時明らかになることだろう。

 

脚本・製作総指揮を務めるのは、ドラマ「LOST」(2004-2010)や「LEFTOVERS/残された世界」(2014-2017)を手がけたデイモン・リンデロフ。原作コミックをそのまま映像化するのではなく、コミックに敬意を払ったうえで、“現代の作品”として、新たなキャラクターも登場する新しい物語が紡ぎ出されるという。
なおパイロット版でメガホンを取ったのは、「ウエストワールド」(2016-)や「ベター・コール・ソウル」(2015-)など数々のテレビドラマでエピソード監督を務めてきたニコール・カッセル。「LOST」にプロデューサー&監督として携わったスティーブン・ウィリアムズもエピソード監督として加わり、二人は製作総指揮も兼任する。

なお出演者は、『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』(2016)や『アサシン クリード』(2017)などの名優ジェレミー・アイアンズ、ドラマ「LEFTOVERS/残された世界」(2014-2017)のレジーナ・キング、『ジャンゴ 繋がれざる者』(2012)のドン・ジョンソン、『インクレディブル・ハルク』(2008)や『シンクロナイズドモンスター』(2017)のティム・ブレイク・ネルソン、『グレイテスト・ショーマン』(2017)や『アクアマン(邦題未定、原題:Aquaman)』(2018)のヤヒヤ・アブドゥル=マティーン2世ほか。

ドラマ「ウォッチメン(邦題未定、原題:Watchmen)」は2019年米国放送予定

Sources: Deadline, Variety
Eyecatch Image: Photo by Tristan Bowersox

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。