Menu
(0)

Search

マーベルアニメ「ホワット・イフ…?」怖すぎて見送られた物語があった ─「スパイダーマンが本物の蜘蛛に変身する」

ホワット・イフ…?
(C)2021 Marvel

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)によるアニメシリーズ「ホワット・イフ…?」は、MCUの映画作品内で実際に起こった出来事を基に、“もしもあの時、マーベル・ヒーローたちに別の運命が待っていたとしたら…?”という題材で、“ありえたかもしれない様々なもしもの物語”を描く作品だ。米国ではPG-13指定として配信予定の本作には、あまりにも怖すぎるためボツになったエピソードがあったのだという。

「ホワット・イフ…?」のヘッドライターであるAC・ブラッドリーは米Podcast番組にて、ボツになったエピソードについて「ダークすぎるのがいくつかあった」と明かしており、その内容は、コミック版が基になっているのだという。「そこではスパイダーマンが本物の蜘蛛に変身するのですが、PG-13にしてはダークすぎるし、ボディホラーすぎました」。ボディホラーとは、身体の極度な変容や、肉体が怪物と化していく身体的な恐怖などが描かれるサブジャンルのひとつだ。このエピソードを実際に映像化するとなれば、グロテスクにもなりかねない身体の変形描写を避けては通れなかったということだろう。

このほか、『スター・ウォーズ』ルーク・スカイウォーカーの登場案も存在していたようだが、こちらもマーベル・スタジオのガイドラインにそぐわず却下されてしまったのだという。また、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3』と内容が被ってしまったことから書き直しとなった物語など、さまざまな理由から実現に至らなかった案がいくつかあったようだが、それでもブラッドリーは、マーベル・スタジオから与えられた自由に大変満足している様子で、「最高に楽しかったです」と話している。

ちなみに「ホワット・イフ…?」のスパイダーマンは、“ゾンビハンター・スパイディ”として登場する模様。本編とは違う活躍が観られる「ホワット・イフ…?」は、Disney+にて2021年8月11日(水)より日米同時配信開始だ。

Source: Post−Credit Podcast , Comicbook.com

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly