Menu
(0)

Search

マイケル・ベイ、ウィル・スミス騒動に「どうでもいい」「今はウクライナの話をすべき」

U.S. Air Force Photo/Tech. Sgt. Larry A. Simmons https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Michael_Bay_060530-F-4692S-004.jpg

連日、第94回アカデミー賞のウィル・スミスによる“ビンタ騒動”の話題で持ちきりになっている。お騒がせなこの一件に対し、ハリウッドの“破壊王”マイケル・ベイ監督は関心がないのだと冷ややかで、今はもっと報じるべきニュースがあるはずと一喝している

プレゼンターのクリス・ロックによる妻へのジョークに立腹したウィルが平手打ちの暴挙に出た2022年のアカデミー賞授賞式。米放送中から話題を集めたが、ベイ監督は中継を観ておらず、後から映像を確認したという。

「どうでもいい。ハリウッドは自己中心的。今、ウクライナでは赤ん坊が吹き飛ばされている。そういうことを話し合うべきです。」

ベイ監督は、自身の映画監督デビュー作『バッドボーイズ 』(1995)でウィル・スミスと仕事を共にしている。「どうでもいい」と語りつつ、「彼はあんな男じゃない。あんなふうに冷静さを失うところは見たことがありません」との見解も示している。「ニヤニヤ笑っているのが見えたから、仕組まれたものだと思っていました。ウィルが現場で人にちょっかいを出したり、ジョークを言ったりするところを見てきました。あれはビンタで、パンチじゃなかった。彼は喧嘩が強いよ。訓練していますからね」。

ウィル・スミス主演の『バッドボーイズ』はシリーズ第4作が製作見込みで、マイケル・ベイも何らかの形で関与する可能性があった。現在は騒動を受け、製作一時中断になると見られる

ロシア軍による侵攻が続くウクライナでは、首都キーウ(キエフ)近郊のブチャなどで410人の民間人と見られる遺体が見つかり、英米などでは「戦争犯罪」との非難の声が高まっている。現地を訪れたキーウのクリチコ市長は、「ブチャで見たものは恐ろしく、残念ながら映画などではなく、現実で起きているものだ」と話している。

あわせて読みたい

Source:Variety,BBC

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly