Menu
(0)

Search

ブルース・ウィリス、『ダイ・ハード』の舞台ナカトミプラザに34年ぶりに帰ってきた

https://www.instagram.com/p/CgDlsmAj4Wv/

1988年に公開された痛快アクション映画『ダイ・ハード』は、「こちらブルームーン探偵社」(1985‐1989)の主演で当時最も知られていたブルース・ウィリスを、瞬く間にハリウッドを代表するアクション俳優に押し上げた記念すべき作品。本作で舞台になった日本企業の高層ビル「ナカトミプラザ」に、ウィリスが34年ぶりにカムバックした。

『ダイ・ハード』は、武装テロリストに占拠されたナカトミプラザにたまたま居合わせてしまった運の悪い男、ジョン・マクレーン刑事が孤軍奮闘し、果敢にテロリスト集団に立ち向かっていく姿がスリリングに描かれるアクション映画の金字塔。

ナカトミプラザのロケ地となったのはフォックス・プラザ。ロサンゼルスのセンチュリー・シティに位置する高層ビルだ。ウィリスは妻であるエマ・ヘミング・ウィリスと共に思い出の地を訪れたようで、エマがInstagaramに動画を投稿している。

34年後、ナカトミプラザの屋上で」とキャプションが付けられたモノクロ動画では、ウィリスが屋上からの景色を感慨深げな様子で眺める姿が収められている。残りの動画では、マクレーンが消火ホースを身体に巻いてビルから飛び降りるシーンや、エアダクトの中でライターを灯してブツブツ悪態をつく場面など、『ダイ・ハード』を代表するシーンの数々がフィーチャーされている。

『ダイ・ハード』の劇中ではマクレーンが、「もう二度と高層ビルに上ろうなんて思わないと誓う。ああ神様、死なせないでくれ(I promise I will never even think about going up in a tall building again. Oh, God. Please don’t let me die)」という有名なセリフがあるのだが、どうやらこの言葉はウィリスには当てはまらなかったようだ。

なぜ、34年の時を経てウィリスが『ダイ・ハード』のロケ地を再び訪れたのかは不明だが、過去に思いを馳せる貴重なひと時となったのではないだろうか。

あわせて読みたい

Source:Instagaram

Writer

Hollywood
Hollywood

ロサンゼルスに11年在住していた海外エンタメ翻訳家/ライター。海外ドラマと洋画が大好き。趣味は海外旅行に料理と、読書とキャンプ。

プレデター:ザ・プレイ

『プレデター:ザ・プレイ』狩るか狩られるか?観たかった「プレデター」が詰まった戦慄サバイバル ─ シリーズ復習で備えよう

アンビュランス

『アンビュランス』は何位?マイケル・ベイ人気投票「BAY-1(ベイワン)グランプリ 」結果発表【プレゼント】

L.A.コールドケース

【解説】ジョニー・デップ『L.A.コールドケース』ラッパー暗殺事件って? ─ 90年代ヒップホップ界で起きた最悪の未解決事件とは

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

Ranking

Daily

Weekly

Monthly