Menu
(0)

Search

ドラマ版「ウィッチャー」製作者がツイッターを休止 ― キャスティングの噂で反応殺到、クリエイターのSNS離脱相次ぐ

https://twitter.com/LHissrich/status/1039227884802437120 スクリーンショット

大人気ゲーム『ウィッチャー3 ワイルドハント』を含む『ウィッチャー』シリーズ、およびその原作小説をNetflixがドラマ化する「ザ・ウィッチャー(邦題未定、原題:The Witcher)」で脚本とエグゼクティブ・プロデューサー、ショーランナー(製作統括)を務めるローレン・シュミット・ヒスリック氏が、ファンの反応を受けてTwitterを休止した。

先日、ドラマ版「ザ・ウィッチャー」については、主人公であるリヴィアのゲラルト役に、『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』(2016)や『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』(2018)のヘンリー・カヴィルが起用されると発表されたばかり。このたびローレン氏がTwitterを休止するに至ったのは、ヒロイン役の女優をめぐるキャスティングの噂が原因だった。

クリエイターのSNS離脱相次ぐ

アンドレイ・サプコフスキによる原作小説『ウィッチャー』シリーズ(早川書房刊)、および『ウィッチャー3 ワイルドハント』などに登場する女性キャラクター、シリ(正式名:シリラ・フィオナ・エレン・リアノン)は、古代エルフの血筋を引く魔力の持ち主で、ゲームでは白人女性として描かれている。ドラマ版にもシリはヒロインとして登場するとみられていた。

しかしオンラインに一時掲載されたキャスティング情報によれば、ドラマ版「ザ・ウィッチャー」では、シリ役に黒人やアジア人といった非白人の女優を求めていることが記されていたという(2018年9月12日現在、情報は削除されている)。ローレン氏がTwitterを休止するに至ったのは、この件についてファンからの激しい反応が多数寄せられたためだ。

「Twitterを一時休止する時が来ました。この場所で得られる愛情は素晴らしいものですが、ヘイトはまるで現実世界の“草の試練”のごとく啓蒙的です。あまり(投稿を)読まず、むしろ書くようにしなければ、私たちは良い結末を迎えないだろうと。さらなる洞察、それからさらなるローチとともに、すぐに戻ってきます。お互いにその方がいいでしょう?」

ここでローレン氏が引用しているのは『ウィッチャー』に登場するキーワードだ。「草の試練」とは、魔物を退治するハンターであるウィッチャーになるための試練で、受けた者の3分の2が命を落とすという設定。またローチとは、主人公リヴィアのゲラルトが連れている愛馬のことである。

いずれにせよ期間は不明だが、ローレン氏はTwitterを去ることとなった。ただし現時点でシリ役のキャスティングの話題は噂にすぎず、確かなことはヘンリー・カヴィルが主演を務めることのみである。この段階でクリエイターがファンの反応を受けてSNSを離脱することにこそ、クリエイターとファン、その両者をつなぐSNSにみられる緊張感を見てとることができるだろう。

SNSを通じてクリエイターにバッシングが集まった最も大きなケースとしては、『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(2017)の公開後に激しいバッシングや嫌がらせ、差別発言を受けたライアン・ジョンソン監督、ローズ役ケリー・マリー・トランの例が記憶に新しい。ケリーはInstagramの投稿をすべて削除しており、SNSへの復帰は未定との意向を明かしている。
また、ドラマ「ストレンジャー・シングス 未知の世界」(2016-)の女優ミリー・ボビー・ブラウンは、反同性愛勢力による嫌がらせによってTwitterを去った。DCドラマ「バットウーマン(邦題未定、原題:Batwoman)」の主演に抜擢されたルビー・ローズも、ファンの攻撃を受けてTwitterアカウントを削除している(Instagramは継続されている)。『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズのジェームズ・ガン監督が、SNSでのやり取りや過去の発言を通じて新作を解雇された影響も大きいだろう。

一時はSNSを通じてクリエイターとファンがメッセージを送り合い、活発なコミュニケーションがみられることも少なくなかったが、最近はファンの動きにクリエイターが敏感に反応し、いち早くSNSを離脱するケースが頻発している。たしかにクリエイターからすれば、これから本格的に仕事が始まる、あるいは自分の仕事が継続していくという中で、心身の健康を削ぎかねないノイズに身をさらしておくリスクをあらかじめ絶つという選択は非常に現実的だろう。実際のファンの行動にかかわらず、クリエイターのSNSに対する意識は、ごく短い期間で大きく変わりつつあるように思われる。

ドラマ「ザ・ウィッチャー(邦題未定、原題:The Witcher)」の配信日は不明

Sources: Lauren S. Hissrich, ComicBook.com, resetera

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly