Menu
(0)

Search

【解説】多様化社会における”可能性”とは ─ 『ワンダーストラック』トッド・ヘインズ監督の永遠のテーマを探る

ワンダーストラック
PHOTO : Mary Cybulski

同性愛(者)や人種差別といった性的、社会的マイノリティを追求し、現代に生きる私たちの重要な課題である「多様性」や「共生」といった深いテーマに傾倒してきた監督トッド・ヘインズ。『エデンより彼方に』(2002)、『キャロル』(2015)といった監督の代表作には、ジェンダー・アイデンティティの葛藤を経て、自分たちの居場所を見つけ出す人々が絶えず投影されてきた。

こうした耽美的な作品を多く手がけてきた監督が今回挑戦するのは、アカデミー賞11部門ノミネート、5部門受賞の傑作『ヒューゴの不思議な発明』(2011)の原作者、ブライアン・セルズニックの同名ベストセラー小説を映画化した『ワンダーストラック』だ。ここでは、ヘインズ監督が作品に込めた永遠のテーマにも触れつつ、本作『ワンダーストラック』の本質について深く熟考していきたい。

注意この記事には、『ワンダーストラック』の内容が含まれています。

ワンダーストラック
PHOTO : Mary Cybulski

ふたつの時代のニューヨーク

原作者のブライアン・セルズニックは、2011年に発表した自身のベストセラー小説『Wonderstruck(原題)』について、「映画化は困難を極める」と考えていたようだ。なぜかというと本書は、1927年と1977年という二つの時代で構成されているからで、ひとつの時代は繊細な鉛筆画によるイラストだけで表現されており、そこに言葉は添えられていない。もうひとつの時代は、単に散文だけで書きつづられており、物語を補完する挿画などは含まれていない。とてもユニークで、かつ特殊な形式の一冊だ。

鉛筆画によるパートは1927年を描いたもので、主人公は聴覚障害という社会的マイノリティに生きる少女ローズを軸として展開する。厳格な父のもとで育てられた彼女は、生まれながらにして聾(ろう)を患っており、日々の生活に寂しさを感じていた。彼女は、心の支えだった憧れの女優リリアンを探し求めて、ひとりニューヨークへ行くことを決意するのだ。一方、絵のない散文だけで語られているのは1977年で、こちらは最近母を亡くした少年ベンが主役となる。偶然見つけた父の痕跡をたどり、彼もまた、ニューヨークへ足を運ぶこととなる。

1977年はいまからおよそ40年前、1927年ともなれば今から100年も前にさかのぼる。1927年といえば映画史における大転換期であり、トーキーを採用した世界初の長編映画『ジャズ・シンガー』(1927)が公開されたのも、この年のことだ(トーキーについては詳しく後述する)。芸術や文化がさらに発展し、アメリカが急成長を遂げた輝かしい年代だ。

一方、1977年といえば、ニューヨークで前代未聞の大停電が発生した年だ。7月13日、午後9時34分に起きたその停電は、ニューヨーク市の5分の4とコネティカット州の一部にまで被害をもたらし、また、窃盗や強盗などの犯罪を誘発するなどで、およそ数千人が逮捕されたという。この大停電の夜、二つの異なる時代を生きる少年と少女は、不思議な運命によって意外なつながりを知ることとなる。

『ワンダーストラック』は、二つの時代のニューヨーク、その異なる街並みをそれぞれ忠実に再現し、各当時の流行ファッションや音楽、トーキー映画の台頭などに見られる大衆文化、芸術の変遷を巧く映し出している。

特にアメリカ自然史博物館を見れば、その二つの時代の変化はより顕著に表されている。1927年と1977年、どちらのニューヨークにも登場するのがアメリカ自然史博物館で、50年の時を隔てるベンとローズの物語は、この博物館を因縁として次第につながりを見せていく。博物館の変化は、50年という時代の流れをより明確に示しているのだ。

まったく異なる二つの時代、二つのニューヨーク、二人の主人公を描く本作は、ヘインズ監督にとってはまさに、新境地と呼ぶにふさわしい作品だろう。ヘインズ監督の芸術的才能には尊敬すら覚えてしまう。

「耳が聞こえない」というマイノリティ

本作『ワンダーストラック』では、原作で描かれた鉛筆画による物語を、美的で洗練されたモノクローム映像として落とし込んでいる。当時のサイレント映画を彷彿させる音のない白黒映像による1927年のパートは、原作にある鉛筆のデッサン画を巧みに、かつ幻想的に再現する。

ワンダーストラック
PHOTO : Mary Cybulski
少女ローズ(ミリセント・シモンズ)を主役とする1927年の当パートこそ、まさに聾者(ろうしゃ)が日々体験している“音のない世界”を表していて、それゆえ、無声映画のごとく人物等のセリフは一切入っていないのだ。いや、実際にスクリーンの役者たちは喋っているように見えるが、その声はただ我々には聞こえないだけであって、観客はローズとおなじ聾者が生きる日常を疑似体験することとなる。

Writer

Hayato Otsuki
Hayato Otsuki

1993年5月生まれ、北海道札幌市出身。ライター、編集者。2016年にライター業をスタートし、現在はコラム、映画評などを様々なメディアに寄稿。作り手のメッセージを俯瞰的に読み取ることで、その作品本来の意図を鋭く分析、解説する。執筆媒体は「THE RIVER」「映画board」など。得意分野はアクション、ファンタジー。

Tags

Ranking

Daily

Weekly

Monthly