Menu
(0)

Search

『ワンダーウーマン 1984』音楽は巨匠ハンス・ジマーが担当 ― テーマ曲を手がけて以来の登板に

WONDER WOMAN AND ALL RELATED CHARACTERS AND ELEMENTS ARE TRADEMARKS OF AND (c) DC COMICS. (c) 2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

ワーナー・ブラザース&DCコミックス製作、映画『ワンダーウーマン』(2017)の続編『ワンダーウーマン 1984(邦題未定、原題:Wonder Woman 1984)』の音楽を、映画音楽の巨匠ハンス・ジマーが手がけることがわかった。

Hans-Zimmer.comによれば、ハンスは『ワンダーウーマン 1984』の契約交渉を終えたとのこと。ハンスは『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』(2016)で音楽を担当しており、ワンダーウーマンのテーマ曲はハンスとジャンキーXLが共同で作曲したものだ。前作『ワンダーウーマン』はハンスの共同作業者でもあるルパート・グレッグソン=ウィリアムズが音楽を担当していたが、続編は巨匠がついに戻ってくる。これは熱いサウンドが期待できそう…!

『ブレードランナー 2049』(2017)や『ダンケルク』(2017)など近年も多数の作品で精力的に活動しているハンスは、実は『バットマン vs スーパーマン』をもって「ヒーロー映画の作曲を引退する」と語っていた。しかし、ハンスは作品の内容次第で復帰することも示唆しており、2019年には『X-MEN: ダーク・フェニックス(邦題未定、原題:X-Men: Dark Phoenix)』でも作曲を務めることが判明している。なお『ダーク・フェニックス』は2019年2月、『ワンダーウーマン 1984』は2019年11月の米国公開を予定しているため、ハンスの“ヒーロー映画復帰作品”は前者となる見込みだ。

WONDER WOMAN AND ALL RELATED CHARACTERS AND ELEMENTS ARE TRADEMARKS OF AND (c) DC COMICS. (c) 2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

なお『ワンダーウーマン 1984』には前作のパティ・ジェンキンス監督が再登板するほか、ダイアナ・プリンス/ワンダーウーマン役のガル・ガドット、スティーブ・トレバー役のクリス・パインが続投。『ゴーストバスターズ』(2016)のクリステン・ウィグがメイン・ヴィランのチーター役を演じるほか、『キングスマン:ゴールデン・サークル』(2017)やドラマ「ナルコス」(2014-2017)などのペドロ・パスカルも出演する。

映画『ワンダーウーマン 1984』(邦題未定、原題:Wonder Woman 1984)は2019年11月1日より米国公開予定。前作『ワンダーウーマン』のブルーレイ&DVDは発売中。

Sources: Hans-Zimmer.com, Film Music Reporter
WONDER WOMAN AND ALL RELATED CHARACTERS AND ELEMENTS ARE TRADEMARKS OF AND (c) DC COMICS. (c) 2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly