Menu
(0)

Search

『ワンダーウーマン 1984』日本公開日、12月18日に繰り上げ決定 ─ 全米公開に1週先がけて

ワンダーウーマン 1984
(c) 2020 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & (c) DC Comics

DC映画『ワンダーウーマン 1984』の日本公開日が、2020年12月18日(金)に繰り上げられることがわかった。ワーナー ブラザースが発表した。

2020年11月18日(米国時間)、米Warner Mediaは『ワンダーウーマン 1984』を12月25日に米国で劇場公開、同日からHBO Maxにて配信することを決定。HBO Maxのサービスが展開されていない海外各国では12月16日に公開を繰り上げると報じられていた。これを受け、日本国内では12月25日の予定から1週繰り上げ、12月18日からの劇場公開となった。

今回の決定にあたり、米Warner Mediaのジェイソン・カイラーCEOは以下のコメントを発表している。

「今の時代だからこそ、私たちは劇場での映画体験を信じています。なぜなら世界中の映画ファンの皆さんが映画館で鑑賞することに価値を見出していると信じているからです。そして映画ファンの皆さんが劇場での体験への期待を求めて下さる限り、私たちは映画館と連携し、素晴らしい作品をお届けすることでその期待にお応えするつもりです。それを決められるのはファンの皆さまです。」

『ワンダーウーマン 1984』には主演のガル・ガドットをはじめ、スティーブ・トレバー役のクリス・パイン、アンティオペ役のロビン・ライト、女王ヒッポリタ役のコニー・ニールセンが前作から続投。新たにチーター役で『ゴーストバスターズ』(2016)のクリステン・ウィグ、マックス役で『キングスマン:ゴールデン・サークル』(2017)のペドロ・パスカルが出演する。

脚本・監督には前作のパティ・ジェンキンスが続投。共同脚本は元DCコミックスの重鎮ジェフ・ジョンズ、マーベル映画『シャン・チー&ザ・レジェンド・オブ・ザ・テン・リングス(原題)』のデイヴ・キャラハムが務めた。

ワンダーウーマン 1984
(c) 2020 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & (c) DC Comics

映画『ワンダーウーマン 1984』は2020年12月18日(金)全国ロードショー

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。劇場用プログラムや各種媒体への寄稿なども喜んで承りますので、お気軽にお尋ねください。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly