Menu
(0)

Search

『ワンダーウーマン 1984』悪役マックスにニコラス・ケイジの影響一部あり、ペドロ・パスカルが明かす

ワンダーウーマン 1984
(c) 2020 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & (c) DC Comics

ワンダーウーマン 1984で、「あなたの願いを叶える」と謳って人々の欲望を操る胡散臭い男、マックス。実は、演じたペドロ・パスカルはこの怪しい実業家の役作りに、あのニコラス・ケイジを参考にしたのだという。

Entertainment Weeklyにパスカルが語ったところによると、本作では「誇張した演技」をしたといい、とあるシーンではニコラス・ケイジからのインスパイアを受けたそうだ。

ニコラス・ケイジ
Photo by Gerald Geronimo https://www.flickr.com/photos/g155/5977301530

具体的にどういったシーンで、どのニコラス・ケイジ作品からの影響を受けたかは明かしていない。『バンパイア・キッス』(1988)など、時にクセが強い演技がインパクト大のニコラス・ケイジからの影響とは、一体どこで活かされたのだろうか。劇場で探すことを楽しみにしよう。

ところでペドロ・パスカルは、ニコラス・ケイジがニコラス・ケイジ役を演じる映画でニコラス・ケイジと共演予定だ。パスカルが演じるのは、ニコラス・ケイジの大ファンだというメキシコ人億万長者の男。

ちなみにパスカルはマックス役の外見イメージとして、ドナルド・トランプ米大統領の要素を取り入れたとも話している。そんなマックスは、禁断の力を手にし、巨大な陰謀をもくろむ野心家の実業家。彼が世界にどんな影響を及ぼすのか、ワンダーウーマンはいかにして立ち向かうのか。映画『ワンダーウーマン 1984』は2020年12月18日より公開中。

映画『ワンダーウーマン 1984』は2020年12月18日(金)全国ロードショー。

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly