Menu
(0)

Search

DC映画『ワンダーウーマン2』に『キングスマン:ゴールデン・サークル』ウイスキー役俳優が出演 ― 重要な役柄で

キングスマン:ゴールデン・サークル
© 2017 Twentieth Century Fox Film Corporation

ワーナー・ブラザース&DCコミックス製作、2017年に米国で大ヒットを記録した『ワンダーウーマン』の続編『ワンダーウーマン2(仮題)』に、『キングスマン:ゴールデン・サークル』(2017)でウイスキー役を演じたペドロ・パスカルが出演することがわかった。米Variety誌が報じている。

本作のストーリーなど詳細は不明だが、Varietyによればパスカルが演じるのは重要な役柄だという。ワーナーは続編の米国公開日を2019年11月1日と発表して以降、このキャスティングを最優先事項として捉えてきたとのことだ。

 キングスマン:ゴールデン・サークル
© 2017 Twentieth Century Fox Film Corporation

『ワンダーウーマン2』で主演を務めるのは、前作に引き続きガル・ガドット。監督として再登板するパティ・ジェンキンスは、テレビドラマ『エクスポーズド(原題:Exposed)』(2015)でパスカルとのタッグを経験済みだ。
なお本作でメイン・ヴィランのチーター役を演じるのは、リブート版『ゴーストバスターズ』(2016)のクリステン・ウィグ。契約交渉に入ったことが報じられたのち、ジェンキンス監督がTwitterにて正式決定を報告している。

『キングスマン:ゴールデン・サークル』や『グレートウォール』(2016)など出演作品の劇場公開が相次ぐパスカルは、現在ハリウッドで最も注目されている俳優の一人だ。ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』(2011-)や『ナルコス』(2015-)で人気を獲得し、今後はデンゼル・ワシントン主演、アントワーン・フークア監督による『イコライザー2(原題:The Equalizer 2)』、『ムーンライト』(2016)のバリー・ジェンキンス監督が手がける『イフ・ビール・ストリート・クッド・トーク(原題:If Beale Street Could Talk)』、ベン・アフレック&オスカー・アイザック&チャーリー・ハナムと共演するNetflix映画『トリプル・フロンティア(原題:Triple Frontier)』と出演作品が続々控えている。

映画『ワンダーウーマン2(仮題)』は2019年11月1日に米国公開予定
なお、ペドロ・パスカル出演『キングスマン:ゴールデン・サークル』のブルーレイ&DVDは2018年4月6日に発売される。

Sources: Variety, Patty Jenkins
© 2017 Twentieth Century Fox Film Corporation

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条として、海外の映画・ドラマを中心に執筆しています。日本国内の映画やアニメーションも大好きです。国内舞台作品の執筆・創作にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly