Menu
(0)

Search

『X-MEN:ダーク・フェニックス』ジェシカ・チャステイン、マーベルと再タッグを希望 ─ またもやヴィラン役に興味

X-MEN︓ダーク・フェニックス
© 2019 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.

20世紀FOX製作によるマーベル映画『X-MEN:ダーク・フェニックス』(2019)で、“謎の女”ことヴィランのヴーグ役を演じたジェシカ・チャステインが、マーベルと再タッグを組み、またもや悪役を演じたいと意欲を見せている。

Comicbook.comのインタビューに応じたチャステインが、「今後もマーベルのプロジェクトに取り組むことに興味はありますか?」と訊かれ、ファンにとって嬉しい答えを返している。

正直なところヴィランの方が面白いので、コミックブックのヒーローよりはヴィランを演じる方が楽しいと思います。すでにコミックで確立されているヴィランにも、原作で誕生していない新しいヴィランにもなりたいです。それから、長期契約を結ぶ必要のないヴィランがいいですね。私は1回限りを好むタイプなので、悪さをするキャラクターを演じて消えられたら最高です。」

マーベル作品で再びヴィランを演じたいが、長期契約で縛られるキャラクターは避けたいと“理想の状況”を語ったチャステイン。20世紀FOXがディズニーに買収された後、X-MENやファンタスティック・フォーのキャラクターが、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)に登場することが期待されている。また、日本公開中の『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』でマルチバースが開き、別シリーズのヴィランたちもカムバックしているため、理論上、MCUでヴーグの復活は可能だと言えるが、今回のチャステインの発言から察するところ、再び同じヴィランを演じることに関心はなさそうだ。

とはいえ、ジェンマ・チャンのように、MCU映画(『キャプテン・マーベル』と『エターナルズ』)で2役を演じる俳優も存在しているため、将来的にチャステインがMCU作品に登場することを期待したい。

その前に、チャステインが出演するスパイ・アクション映画『355』が、2022年2月4日に日本公開される。チャステインはCIAのメイス役を演じ、『X-MEN:ダーク・フェニックス』に負けないアクションシーンを見せてくれそうだ。

あわせて読みたい

Source:Comicbook.com

Writer

Hollywood
Hollywood

ロサンゼルスに11年在住していた海外エンタメ翻訳家/ライター。海外ドラマと洋画が大好き。趣味は海外旅行に料理と、読書とキャンプ。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly