Menu
(0)

Search

『X-MEN: ダーク・フェニックス』韓国記者会見&レッドカーペットからレポート到着 ─ ファスベンダー、ターナー、ピーターズ、シェリダンら豪華メンバー登壇

X-MEN︓ダーク・フェニックス
©2019 Twentieth Century Fox Film Corporation

マーベル映画『X-MEN』シリーズの最終章、『X-MEN: ダーク・フェニックス』が2019年6月21日(金)に公開される。アメコミ映画最長シリーズの結末に大きな注目が集まる中、2019年5月27日(月)、韓国・ソウルにてアジアファンイベントと記者会見が開催された。

ブラジル、モスクワ、ロンドン、パリを巡ってきたチームは、韓国を豪華メンバーで来訪。ジーン・グレイ役のソフィー・ターナー、マグニートー役のマイケル・ファスベンダー、サイクロップス役のタイ・シェリダン、クイックシルバー役のエヴァン・ピーターズ、そしてサイモン・キンバーグ監督とプロデューサーのハッチ・パーカーが登場した。

X-MEN︓ダーク・フェニックス
©2019 Twentieth Century Fox Film Corporation

『X-MEN: ダーク・フェニックス』アジアレポート

記者会見

27日午前10:00からコンラッドホテル宴会場にて実施された記者会見では、テレビカメラ20台、記者250人以上が詰めかけた。出演者の写真撮影のあと、質疑応答が行われている。

マグニートー役のファスベンダーは、本作について「最強のジーン・グレイが中心で、これがラストにふさわしい」と一言。ジーン役のソフィーについては「ジーンを見事に演じていて、役柄に没入するってこういうことかと思った。役者としてすごくインスピレーションを感じました」とコメント。ジーンの恋人サイクロップスを演じたシェリダンも「カメラが回っていない時はすごくいい人なのに、本番では本当にダークになる。ソフィーと共演できて誇りに思います」と絶賛した。

X-MEN︓ダーク・フェニックス
マイケル・ファスベンダー ©2019 Twentieth Century Fox Film Corporation
X-MEN︓ダーク・フェニックス
タイ・シェリダン ©2019 Twentieth Century Fox Film Corporation

また、ソフィー本人は「ジーン・グレイという主役を任せてもらえて本当にうれしかった」と話している。「このシリーズは、スタッフとキャストが、人間性のあるキャラクターをしっかりと作り上げてきたから人々に愛されていて、受け継がれてきたものがある。『ダーク・フェニックス』はアクションもすごいんですよ!」。

X-MEN︓ダーク・フェニックス
ソフィー・ターナー ©2019 Twentieth Century Fox Film Corporation

またシリーズの人気キャラであるクイックシルバー役のピーターズには、「同じくアメコミの俊足ヒーロー、フラッシュ(DCコミックス)とどっちが速いと思いますか」との質問に「クイックシルバー!」と自信満々に応答。ファスベンダーは「シリーズで原作のイメージに一番合っているキャスティングは誰だと思いますか?」との問いかけに、「ヒュー・ジャックマンのウルヴァリンかな。ハル・ベリーやパトリック・スチュワートもいいけど…やっぱり、僕のマグニートーが一番ハマってますよね」と返して笑いを誘った。

X-MEN︓ダーク・フェニックス
エヴァン・ピーターズ ©2019 Twentieth Century Fox Film Corporation

本作で監督を務めたのは、これまで『X-MEN』シリーズで脚本・製作を担当し、本作で監督デビューとなるサイモン・キンバーグ。「監督としては初めてでしたが、ずっと製作現場にいたので色々なことを学んでいたし、優秀なスタッフたちに恵まれ、助けられました。なによりも素晴らしい俳優たちが僕を信じてくれたんです」と振り返った。「ずっとチームでやってきたから家族のようなもので、いい雰囲気の中で監督をすることができて、うまくいったと思います」。シェリダンも「最高の家族で最高の物語が作れた」とチームの絆を強調した。

なお監督は、「今後のことはわかりませんが、とにかく『ダーク・フェニックス』をいかに最高のX-MEN映画にするかだけを考えてきました。そんな作品をお届けできて今は満足です」と締めくくっている。

X-MEN︓ダーク・フェニックス
サイモン・キンバーグ監督 ©2019 Twentieth Century Fox Film Corporation




レッドカーペット・イベント

27日の夜には、日本でも有名なショッピングモールセンター「ロッテ・ワールド・タワー・モール」を会場に、ファン向けのレッドカーペット・イベントが開催されている。

センターの入り口から、1階のイベント・スペースに設けられた特設ステージまでは「X」をあしらったレッドカーペットが敷かれ、2,000人近い熱狂的なX-MENファンが集まった。早朝から並んだファンも多く、X-MENキャラクターのコスプレイヤーや、出演者の名前を書いたボードを持ったファンも目立ったという。

X-MEN︓ダーク・フェニックス
©2019 Twentieth Century Fox Film Corporation

今回のイベントでは、残念ながら参加できなかったビースト役のニコラス・ホルト、謎の女役のジェシカ・チャステイン、プロフェッサーX役のジェームズ・マカヴォイからのビデオ・メッセージが流されている。その後、出演者とスタッフを乗せた車が到着すると、会場はいよいよ大きな盛り上がりを見せ、一同はファンとのサインや自撮りに応じながら会場内へ向かった。

X-MEN︓ダーク・フェニックス
©2019 Twentieth Century Fox Film Corporation
X-MEN︓ダーク・フェニックス
©2019 Twentieth Century Fox Film Corporation
X-MEN︓ダーク・フェニックス
©2019 Twentieth Century Fox Film Corporation
X-MEN︓ダーク・フェニックス
©2019 Twentieth Century Fox Film Corporation

このイベントでは、ゲストたちが『X-MEN:ダーク・フェニックス』のキャラクターの決めポーズを速攻で演じるというゲームに参加。クイックシルバーが出題されれば全員が走るポーズ、サイクロップスならば皆がこめかみあたりを指で押さえるなど、息の合ったパフォーマンスを披露した。交流に重きが置かれたレッドカーペット・イベントに、集まったファンは大喜びだったという。

『X-MEN: ダーク・フェニックス』は2019年6月4日(現地時間)にロサンゼルスでワールドプレミアを迎え、6月21日(金)に日本公開となる。ついに到来するシリーズ最終章、絶対にお見逃しなく。



ギャラリー

『X-MEN: ダーク・フェニックス』

前作『X-MEN: アポカリプス』(2016)にて、ジーン・グレイが巨⼤なる脅威アポカリプスに致命的な⼀撃を与え、⼈類を救ってから10年。宇宙でのミッション中、ある事故によってジーンのダークサイドが覚醒し、内側に封じ込められていたもう一つの人格〈ダーク・フェニックス〉が解き放たれた。そして世界に危機が訪れる。全宇宙の破滅を止めるため、X-MENはジーンの〈悪〉に⽴ち向かうが……。

X-MEN︓ダーク・フェニックス
©2019 Twentieth Century Fox Film Corporation

ジーン・グレイ/ダーク・フェニックス役は、ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」(2011-)のソフィー・ターナー。主要キャストには2度のアカデミー賞ノミネートを誇るマイケル・ファスベンダー(マグニートー役)や『ミスター・ガラス』(2019)も記憶に新しいジェームズ・マカヴォイ(プロフェッサーX役)、オスカー女優ジェニファー・ローレンス(ミスティーク役)らが続投。謎の女役には、多数の受賞歴を持つジェシカ・チャステインが起用された。

映画『X-MEN: ダーク・フェニックス』は2019年6月21日(金)全国ロードショー

『X-MEN: ダーク・フェニックス』公式サイト:http://www.foxmovies-jp.com/darkphoenix/

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly