Menu
(0)

Search

ディズニーCEO、X-MEN&ファンタスティック・フォー&デッドプールのMCU合流を認める ― R指定作品の製作も示唆

マーベル・シネマティック・ユニバースを追いかけてきた、多くのファンの願いが叶おうとしている。
米ウォルト・ディズニー・カンパニーが20世紀フォックスの買収を発表ディズニーCEOのボブ・アイガー氏が、X-MENファンタスティック・フォーをマーベル・シネマティック・ユニバースに合流させる意向を認めた

公式発表直後、ボブ氏は投資家に向けて今回の買収について説明。そこでマーベル・シネマティック・ユニバースの今後や、多くの映画ファンが懸念していたR指定作品の方針について語っている。

念願の全キャラクター合流へ

これまでマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)では、マーベル本体が主導する企画にもかかわらず、少なくないキャラクターが映画に登場できない状況が続いていた。かつて映像化権を20世紀フォックスへ売り渡してしまったゆえに、コミック「X-MEN」や「ファンタスティック・フォー」のキャラクターを合流させることができなかったのだ。
なお、同様にスパイダーマンの映像化権はソニー・ピクチャーズが有しているものの、マーベルとの業務提携によって『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016)からMCUへの参戦が実現している。

2017年11月、ディズニーによるフォックス買収の第一報が伝えられた際から、ファンは「これで全キャラクターが合流できる」という期待と不安を語っていた。実現してほしいとは思っていたが、まさか本当に実現しようという日が来るだなんて。しかし、本当に全キャラクターの合流は実現するのか? ぬか喜びなのではないか? そんな声も確かに聞かれたのである。

ご安心いただきたい。ボブ氏は投資家に対して、こんなメッセージを投げかけている

「私たちがマーベルや『スター・ウォーズ』でやってきたように、新たな世代のファンのため、アイコニックなシリーズを拡張する機会なのです。[中略]X-MENやファンタスティック・フォー、デッドプールを加えて、マーベル・シネマティック・ユニバースを拡張していくことも楽しみにしています。」

ここで語られているのは、おなじみX-MEN、一時期はどうなってしまうことかと危ぶまれたファンタスティック・フォー、X-MENのキャラクターにもかかわらず独立した人気を獲得したデッドプールが、みんな揃ってMCUへ合流するということだ。

『デッドプール』R指定で継続なるか?

ただしデッドプールといえば、2016年の単独映画が過激な描写とスラングをこれでもかと詰め込んだR指定作品として好評を博したキャラクターである。ディズニー傘下で牙を折られた“俺ちゃん”なんて観たくない!という意見が出るのは至極当然だろう。しかし本件についても、ボブ氏は作品の豊かさをなるべく受け入れる方向で検討を進めることを明かしている

「(デッドプールは)これまでも、これからも明らかにマーベル・ブランドです。私たちは『デッドプール』みたいに、R指定のマーベル・ブランドという条件があってもいいと思っているんですよ。どんな映画を公開するのかをお知らせするかぎり、満足してもらえるようにはできると思うんです。」

つまり、たとえば『デッドプール』を製作する、もしくはデッドプールを登場させると告知する以上、観客が作品やキャラクターに求めるものには応えるということだろう。であれば、ディズニー傘下でも『デッドプール』がそのままの形で継続していく可能性は十分にあるはずだ。

ここで浮かびあがってくるのは、健全でクリーンなイメージをアピールすることの多いディズニーが、これから暴力描写や性描写をはらんだR指定作品を製作していくという可能性である。もちろんキャラクターの権利が統合されるのは喜ばしいかぎりだが、ある意味もっとも大きな変化とは「ディズニーはこういうもの」だというイメージが内部から破壊されることではないだろうか。事業買収というビジネスの判断が、映画やスタジオの幅を広げることに結びつくのだとしたら、それは映画界にとっても革新的な動きに違いない。

映画『デッドプール2(仮題)』は2018年6月ロードショー。もしかして、ディズニー傘下じゃないデップーが観られるのはこれが最後かも?

Sources: http://deadline.com/2017/12/disney-fox-deal-bob-iger-digital-future-hulu-and-2b-cost-savings-1202226884/
https://www.hollywoodreporter.com/heat-vision/ryan-reynolds-trolls-photo-deadpool-getting-kicked-disneyland-1067645
https://screenrant.com/disney-ceo-x-men-fantastic-four-mcu/
https://www.cbr.com/disney-deadpool-remain-r-rated/
©THE RIVER

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly