Menu
(0)

Search

山寺宏一、ダコタ・ファニングやマイケル・B・ジョーダンと共演 ─ アニメ『gen:Lock』で

https://twitter.com/roosterteeth/status/955840061769003008

日本のアニメ界を代表する声優の山寺宏一が、アニメシリーズ『gen:Lock(原題、邦題未定)』に出演することがわかった。山寺の参加と共に、ダコタ・ファニングの名も報じられている。米ロサンゼルスで開催の「Anime Expo」でアナウンスされたものとして、Varietyが伝えた。

『gen:Lock』は、地球最後の自由社会が失われつつある世界戦争を舞台に、次世代メカを駆使する戦いを描く。『クリード チャンプを継ぐ男』(2015)や『ブラックパンサー』(2018)のマイケル・B・ジョーダンが主人公のパイロットで反逆者のジュリアン・チェイスの声を演じ、巨大な武装ロボットを操る。

山寺宏一が演じるのは日本軍から移籍したカズ・イイダという名の新兵。ダコタ・ファニングは、ベテランのメカ・パイロットで主人公チェイスの想われ人ミランダ・ワースを演じる。

製作は、3DCGアニメ『RWBY』(2013)のRooster Teeth。代表のグレー・ハドックはこの起用に対し、「山寺さん(原文:Yamadera-san)はカズのアティチュードと強さに素晴らしいバランスをもたらして下さいます。アニメファンとしても、彼に参加頂く以上はベストを尽くさせて頂く所存です」とコメント。

アニメシリーズ『gen:Lock』は2019年1月、Rooster Teethの定額配信サービスで登場予定。月額4.99ドルとなる。日本での視聴環境は現時点で不明だ。

Source:Variety

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly