『アントマン&ワスプ』監督、前作悪役のイエロージャケットは「生きているかも」

『アントマン&ワスプ』のペイトン・リード監督が、前作『アントマン』(2015)に登場したヴィラン、イエロージャケットことダレン・クロスの復活を示唆した。

注意

この記事には、『アントマン』『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の内容が含まれています。


『アントマン』クライマックスでは、スコットの娘キャシーの子供部屋を舞台に、アントマンとイエロージャケットが激しい戦闘を繰り広げる。スコットは原子レベルにまで縮小し、イエロージャケットのスーツを内部から破壊。ダレンは量子世界に吸収されたように消滅していた。

イエロージャケットことダレン・クロスは死んだ…。そう考えるのは早計かもしれない。この度、『アントマン』『アントマン&ワスプ』両作の監督を務めるペイトン・リードが、Screen Junkiesの番組にゲスト登場。トークの中で、「そのうち(映画に登場させる)ヴィランもネタ切れになっちゃうから、殺さずにおいておこう、みたいな話し合いってあるんですか?」との問いかけに対し、リード監督はヴィランが必ず絶命しているという憶説を「頂けないな」と一蹴。そして、以下のように語ったのである。

「『アントマン』一作目の彼の最期のシーンを観て下さいよ。スーツがやられちゃって、縮んで消えてしまいましたね。つまり…まだどこかにいるかも知れませんよ。

これまでマーベル・シネマティック・ユニバース作品のヴィランは、一作に限っての登場が基本となることが多かった。しかし、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018)では、過去に倒されたはずのヴィランが再登場を果たすなどのサプライズも話題に。将来のマーベル・シネマティック・ユニバース作品で、イエロージャケットの復活はアリ?

シリーズ最新作『アントマン&ワスプ』は、2018年8月31日(金)公開。

『アントマン&ワスプ』公式サイト:https://marvel.disney.co.jp/movie/antman-wasp.html

About the author

THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。