Menu
(0)

Search

自分以外、誰もビートルズを知らない世界 ─ 『イエスタデイ』本予告編&日本限定ポスターが公開

イエスタデイ
©Universal Pictures

昨日までは、誰もがザ・ビートルズを知っていた。しかし今日、彼らの名曲を覚えているのは世界でたった一人だけ。

『トレインスポッティング』(1996)『スラムドッグ$ミリオネア』(2008)のダニー・ボイル監督最新作、エド・シーランの出演も話題の映画『イエスタデイ』より本予告映像&日本限定ポスタービジュアルが公開された。


イギリスの小さな海辺の町に住むシンガーソングライターのジャックは、幼なじみの親友エリーから献身的に支えられるもまったく売れず、音楽で有名になる夢に限界を感じていた。そんな時、世界規模の大停電が起こり、ジャックは交通事故に遭う。昏睡状態から目を覚ましたジャックは、史上最も有名なバンド「ザ・ビートルズ」がこの世に存在しないことになっていることに気づき……。

今回の本予告編は、突如として世界中で停電が起きたあと、主人公ジャックが交通事故を起こす場面から始まる。友達や家族、幼なじみで親友のエリーの前でザ・ビートルズの「Yesterday」「Let It Be」を披露すると、なぜか彼らは涙目で感動しながら「誰の曲?」と尋ねる。誰もザ・ビートルズを知らない世界で、ジャックのオリジナルソングとして発表されたザ・ビートルズの楽曲は注目を浴び、ついにはアメリカの有名音楽プロデューサーの目に留まる。一躍人気ミュージシャンとなったジャックだが、いつもそばにいたはずのエリーからは「住む世界が違う」と告げられ、2人の関係にはズレが生じ始めるのだった。

また、このたび公開された本ポスタービジュアルは、日本のみに特別に許可が下りたという限定デザイン。誰もが見たことのある、彼らが歩いた“あの”ロードを歩くジャックとエリーの姿が捉えられている。

イエスタデイ
©Universal Pictures

主人公ジャック役は新鋭ヒメーシュ・パテル、幼なじみのエリー役は『ベイビー・ドライバー』(2017)リリー・ジェームズ、ジャックのエージェントとなるマンディ役は『ゴーストバスターズ』(2016)のケイト・マッキノンが演じる。『ブレードランナー 2049』(2017)アナ・デ・アルマスのほか、世界的ミュージシャンのエド・シーランも本人役で登場。監督は『トレインスポッティング』(1996)『スラムドッグ$ミリオネア』(2008)のダニー・ボイル、脚本家『ラブ・アクチュアリー』(2003)などのリチャード・カーティスが担当した。

映画『イエスタデイ』は2019年10月11日(金)全国ロードショー

『イエスタデイ』公式サイト:https://yesterdaymovie.jp/

あわせて読みたい

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly