Menu
(0)

Search

世界からビートルズが消えたなら ─ 『イエスタデイ』主人公モデルはエド・シーランだった、ロンドン・プレミアよりレポート到着

イエスタデイ
©Universal Pictures

“イエスタデイ(昨日)”までは誰もがザ・ビートルズを知っていた。しかし今日、彼らの名曲を覚えているのは世界でたった一人だけ。

2019年10月11日(金)公開、『トレインスポッティング』(1996)『スラムドッグ$ミリオネア』(2008)のダニー・ボイル監督による最新作『イエスタデイ』より、イギリス・ロンドンで開催されたプレミアイベントのレポートが到着した。


『イエスタデイ』ロンドン・プレミア

2019年6月18日(火曜日・現地時間)、本作の舞台であり、ザ・ビートルズを生んだイギリスにてプレミアが実施された。会場にはダニー・ボイル監督や脚本家のリチャード・カーティス、主演のヒメーシュ・パテル、リリー・ジェームズやケイト・マッキノンのほか、本人役で出演したエド・シーランも登場。イエロー・カーペットで幸福な雰囲気に包まれた会場には、世界各国からメディアが集まった。

イエスタデイ
©Universal Pictures

もしビートルズが存在しなかったら?

脚本家のリチャード・カーティスは、「ザ・ビートルズが存在しない世界はかなり酷い」と述べ、本作の着想や、ダニー・ボイル監督との初タッグについて語った。

「素晴らしいものをこの世からなくした後、ふたたび取り戻すというアイデアが素晴らしいと思いました。ダニーはアイデアが豊富で、非常にリラックスできましたね。エネルギーと想像力にあふれる人と一緒に仕事ができて嬉しかったです。」

一方のボイル監督は、「ザ・ビートルズがいかに貴重な存在なのかに気づくことになるんだと思います」と話している。「彼らの作品がいかに大切なのかを理解することになりますよ。“彼らがいなくなってしまったら、一体どうなるんだ?”って。劇中でも、その結果として何かがなくなったりするジョークも出てきます」。

主役に大抜擢されたヒメーシュ・パテルは、ボイル監督について「あまりに素晴らしく、気さくな人だから、すごい人物だってことをすぐに忘れてしまう。仕事をするのに最高の人ですよ」と語った。ヒロインのリリー・ジェームズは、バーバリーの白いシアードレスに身を包んで登場。『マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー』(2018)『ベイビー・ドライバー』(2017)と音楽がカギとなる作品が続くことについて、「音楽と映画は私のすべて。人生を楽しみ、逃避する方法でもあります」と話した。「音楽は私を別の世界に連れて行ってくれる。音楽なしでは生きていけませんよね」。

イエスタデイ
©Universal Pictures

主人公、エド・シーランがモデルだった

エド・シーランと友人同士である脚本家のカーティスは、「売れなかったミュージシャンが世界一成功するというエピソードや、彼の恋愛模様はエドがモデルになっているんです。エド以外で本人役のキャスティングは考えられなかった」と明かし、ボイル監督も「エドに参加してもらえたのは素晴らしかった。一緒にいて楽しいし、仕事をするのは最高でした」と語っている。「作業を一緒に楽しんでくれて、不平を漏らすことも全くなかったですしね」。

イエスタデイ
©Universal Pictures

そんなエド本人は、主人公ジャックのモデルが自分であることについて「嬉しかったですよ、光栄です」と喜んだ。ジャックがエド自身の住まいと同じサフォークの出身であることも気に入ったという。

「ずいぶん前に、リチャードからこういう題材の映画の脚本を書いていると聞いていたんです。それから、ダニーと一緒にディナーに招待されて、いろんな質問攻めにあって。どうしてそんなに聞くんだろうと不思議に思っていたら、依頼をもらったんです。(本人役は)自分を演じるわけですから、もっと簡単だと思っていたんですが、少し違いましたね。実際のコンサートで撮影したのも楽しかったです。」

ちなみに主演のヒメーシュは、「劇中でジャックが弾くギターを選びに行く時、エドにアドバイスをしてもらった」とのこと。「エドが自分自身のままでいてくれることが僕にとってのアドバイスだった。とても気さくで、あんな大スターなのに、それでも高潔でいられるんだってことを教わりましたね」。

ザ・ビートルズについて

脚本家のカーティスは、ザ・ビートルズについて「芸術的なものとして、僕の人生では最も大切なことであり続けた。僕の映画を振り返ると、すべては喜びや愛、若さといったザ・ビートルズが支持してきたことを描いてきたんです」と述べ、「57年間、ずっとザ・ビートルズのファンでした。死ぬまでずっとファンであり続けたいと思います」と語った。ボイル監督も、「僕にとってすごく大切な存在」だと強調する。

「僕は彼らの出身地から20マイルほどのところで育ちました。生き方や仕事、経済、自己表現といった意味で、ポップカルチャーに火をつけた彼らの偉業を通して、僕たちは今を生きているわけです。歴史的な意味で、彼らは文字通り一夜にして世界を変え、その恩恵を通して僕たちは今生きているんです。」

また、主演のヒメーシュは「彼らは世界中の文化に大きく貢献した。特別なバンドだと思うし、特別であり続けますよね」と話し、リリーは「ザ・ビートルズの音楽は、特にこの映画が出来上がった今、私にとってすごく大きな意味を持っています」と語った。「(この映画は)彼らの人物像や、彼らが象徴するものを讃える作品だと思います。ザ・ビートルズの喜びとスピリットを感じてもらえればと願っています」。

イエスタデイ
©Universal Pictures

そして、エド・シーランは「僕の人生には常にザ・ビートルズがあった」という。

「初めてザ・ビートルズの曲を演奏したのがいつ頃のことかは思い出せないんですが、常にすぐ近くにあったという気がします。子供の頃に言葉を学んでいくのと同じで、小さい頃にはザ・ビートルズの曲を覚えましたよ。ザ・ビートルズなら間違いない。この映画はリチャードが脚本を書き、ダニーが監督を手がけ、そしてザ・ビートルズの曲がある。間違いないですよね!」

最後にカーティスは、日本のファンに向けて「ザ・ビートルズが好きなら、それは世界一素晴らしいこと。きっとこの映画を気に入ってもらえると思います、楽しんでくださいね」とメッセージを送った。エドは「みなさんがどう反応するのかを見られるのが楽しみ。一人ではなく、みなさんと一緒に楽しもうと思います」と語っていた。ちなみに上映終了後、Instagramには「プレミアで『イエスタデイ』を観ました。すごくよかった!」とのコメントも投稿されている。

イエスタデイ
エド・シーランと脚本家リチャード・カーティス ©Universal Pictures

『イエスタデイ』

イギリスの小さな海辺の町に住むシンガーソングライターのジャックは、幼なじみの親友エリーから献身的に支えられるもまったく売れず、音楽で有名になる夢に限界を感じていた。そんな時、世界規模の大停電が起こり、ジャックは交通事故に遭う。昏睡状態から目を覚ましたジャックは、史上最も有名なバンド「ザ・ビートルズ」がこの世に存在しないことになっていることに気づき……。

主人公ジャック役は新鋭ヒメーシュ・パテル、幼なじみのエリー役は『ベイビー・ドライバー』(2017)リリー・ジェームズ。ジャックのエージェントとなるマンディ役で『ゴーストバスターズ』(2016)のケイト・マッキノン、そのほか『ブレードランナー 2049』(2017)のアナ・デ・アルマスや世界的ミュージシャンのエド・シーランも出演する。監督は『トレインスポッティング』(1996)『スラムドッグ$ミリオネア』(2008)のダニー・ボイル、脚本家『ラブ・アクチュアリー』(2003)などのリチャード・カーティスが担当した。

あわせて読みたい

映画『イエスタデイ』は2019年10月11日(金)全国ロードショー

『イエスタデイ』公式サイト:https://yesterdaymovie.jp/

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly