Menu
(0)

Search

『ゾンビランド:ダブルタップ』マディソンのスピンオフにルーベン・フライシャー監督が興味示す ─「ずっと好きなキャラクター」

ゾンビランド:ダブルタップ マディソン

2022年2月18日に公開されたばかりの実写版『アンチャーテッド』をはじめ、『ヴェノム』(2018)などでメガホンをとったルーベン・フライシャーといえば、『ゾンビランド』(2009)にて一躍有名となった監督だ。このたびフライシャー監督が、『ゾンビランド:ダブルタップ』(2019)につづくシリーズ最新作に興味を示していることがわかった

『ゾンビランド』はゾンビが蔓延した世界を舞台に、ルールに従い終末世界を生き抜こうとする生存者たちの姿を描いたゾンビコメディ。その続編『ゾンビランド:ダブルタップ』は、1作目から10年が経過した世界が舞台で、ゾンビたちはさらなる進化を遂げていた。コロンバス(ジェシー・アイゼンバーグ)、タラハシー(ウディ・ハレルソン)、ウィチタ(エマ・ストーン)、リトルロック(アビゲイル・ブレスリン)の4人は、そのほか新たに発見された生存者らとともに、パワーアップしたゾンビたちと生き残りを懸けた死闘を繰り広げていく。

The Hollywood Reporterにてフライシャー監督は、シリーズの今後について、「『アンチャーテッド』の製作でとにかく忙しかったので、(『ゾンビランド』シリーズについて)考える時間はあまりありませんでした」と企画が活発的に動いているわけではないことを打ち明けている。その上で、「マディソンは今でもずっと好きな登場人物のひとりなので、ゾンビが登場する黙示録的世界で彼女がどんな活躍を見せてくれるのか楽しみです」と続けた。

マディソンはゾーイ・ドゥイッチが演じた役どころで、2作目で初登場した生存者だ。冷蔵庫の中で長年身を潜めて生き抜いていたセクシーでキュートなブロンドヘアのギャルで、『ゾンビランド:ダブルタップ』にてコロンバスとタラハシーに発見され、旅を共にすることになった。ゾンビ社会には可笑しいほど似つかわしくないような人物だが、そのくせ者ぶりに魅了された観客も多いだろう。

THE RIVERのインタビューにてフライシャー監督もまた、マディソンについて、「脚本の時点で既に面白いキャラクターでしたが、ゾーイ・ドゥイッチをキャスティングできて、もっと面白くなりましたね。ぶっ飛ばされるくらい笑えたんです」と絶賛していた。スピンオフ企画が正式に存在するわけではなさそうだが、実現した場合には、コメディとユーモア全開の一作になるだろう。

あわせて読みたい

Source: The Hollywood Reporter

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly