Menu
(0)

Search

『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』レア・セドゥ、シリーズ復帰は本人も予想外だった ─「『スペクター』が最後の作品と思っていた」

007/ノー・タイム・トゥ・ダイ
© 2019 DANJAQ, LLC AND MGM. ALL RIGHTS RESERVED.

ダニエル・クレイグジェームズ・ボンド役を演じる最終作、『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』(2021)ではボンドウーマン、マドレーヌ・スワン(レア・セドゥ)が再登場する。どうやらレア・セドゥは、『007』シリーズに復帰できるとは思っていなかったようだ。

ジェームズ・ボンドが死闘を繰り広げてきた敵の娘であり、恋人のマドレーヌ・スワン。『007 スペクター』(2015)に続いての登場について、Total Film/GamesRader+のインタビューにてレア・セドゥは、本当に知りませんでした」と話している。どうやら、2作分の出演契約を最初に結んでいたわけではないようだ。シリーズ復帰を困難と考えていた理由は、「『スペクター』はダニエルがジェームズ・ボンドを演じる最後の作品だと思っていたから」だという。

『007』シリーズでは、ひとりのボンドウーマンが連続で登場することは極めて異例で、レア・セドゥをマドレーヌ・スワンとして復帰させることを希望したのは、ダニエル・クレイグだった。Daily Mailによると、キャリー・フクナガ監督も同じく彼女の復帰を望んでいたとのことだ。その後、プロデューサーのバーバラ・ブロッコリがセドゥに直接連絡し、復帰することが決定したのである。セドゥは「とても、とても嬉しかったです」と当時の気持ちを振り返っている。

こうしてマドレーヌ・スワン役を再演することになったわけだが、レア・セドゥは「『スペクター』とは全く違う感じがしました」と語っている。「このキャラクターは進化しています。私にとっては、全く新しいキャラクターでした。ボンドとマドレーヌの関係は、まさにこの映画の中心です。観客にとっても感情を揺さぶれる作品となるでしょう」。

『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』は全国公開中。

あわせて読みたい

Source: Total Film/GamesRader+ , Daily Mail

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly