Menu
(0)

Search

【インタビュー】『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』Qの進化とこれから ─ ベン・ウィショー、3度目の挑戦に何を思う

007/ノー・タイム・トゥ・ダイ
© 2021 DANJAQ, LLC AND MGM. ALL RIGHTS RESERVED.

007』シリーズ最新作にして、6代目ジェームズ・ボンドを務めてきたダニエル・クレイグにとって最後となる『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』が公開中だ。ダニエル・ボンド有終の美に華を添えるかのように、本作にはMやマネーペニー、『007 慰めの報酬』(2008)ぶりの再登場となるフェリックス・ライターら、おなじみのメンバーが揃って帰ってきた。

ボンドカーやガジェット周りを担当するMI6所属のQも、ジェームズ・ボンド最後の任務に欠かせない重要な仲間だ。ダニエル版シリーズ第3作『007 スカイフォール』(2012)劇中、ロンドンのナショナル ギャラリーでの鮮烈な初登場は今も記憶に新しいQだが、『007 スペクター』(2015)を経て、『ノー・タイム・トゥ・ダイ』ではさらに頼もしい姿を見せてくれる。

そんなQを演じたのは、『パディントン』シリーズではくまのパディントンの声を務めるほか、『クラウド アトラス』(2012)『 メリー・ポピンズ リターンズ』(2018)などでも知られるベン・ウィショー。2018年には、ヒュー・グラント主演のドラマ「英国スキャンダル〜セックスと陰謀のソープ事件」においてエミー賞とゴールデングローブ賞の両賞で助演男優賞を獲得するなど、近年の活躍は目覚ましい。

実力派のウィショーがQを演じるのは、本作で3度目。『007 ロシアより愛をこめて』(1963)から17作連続でQを演じた初代デスモンド・リュウェリンが徐々にキャラクター像を作り上げてきたのに対し、ウィショーは現代における新たなQ像を早くも確立し、ファンからも愛をもって受け入れられている。『ノー・タイム・トゥ・ダイ』でも、Qは最新技術を駆使したガジェットやマシンを開発しているようだが、演じるウィショーはQという役をいかにして進化させたのか。THE RIVERは、公開にあわせて行われた世界各国合同の取材に参加し、ウィショーの思いを訊いてきた。

 007/ノー・タイム・トゥ・ダイ
Getty Images for EON Productions, Metro-Goldwyn-Mayer Studios, and Universal Pictures

シリアスな世界におけるQのユーモア

── あなたが演じるQというキャラクターは、60年間続いてきた『007』シリーズの歴史において、最も重要で伝統的なサイドキックという位置づけです。Qのキャラクター開発において、ご自身の取り組みをどう評価していますか?

『007 スカイフォール』でサム・メンデス監督からこの役のオファーを頂いた時、Qを数作ぶりに再登場させる上での明確なアイデアを監督は持っていました。その理想像というのが、コンピュータ・オタクみたいな人間だったんですけどね。一方で、ジェームズ・ボンドは若干時代に遅れた人間なので、彼にとってQは新鮮で、今のテクノロジーがどうなっているのかをQを通して知るんです。

そこからQというキャラクターはスタートして、その後の2作でキャラクターを進化させていくことができたのは幸運でした。歴代の『007』シリーズではガジェットが大切だった思うのですが、同時に僕にとっては2人(ボンドとQ)の関係性も重要だったんです。他のキャラクターについてもジェームズ・ボンドのミッションにより関わっていくのが分かるでしょうし、与えられた役割以上に、それぞれのキャラクター性が前に出てきているんです。僕自身もそこが楽しめた部分であり、自分らしさを加えようと努めました。

── ボンドとQの関係について、オタクと屈強な男みたいに正反対に考えられると思いますが、あなた自身、2人についてはどう思いますか?

おっしゃるとおりです。2人はおかしな組み合わせで、それぞれ全く違う人間です。このような2人が一緒に働くなんてあまりないと思いますけど、個人的にはお互いに好感を持っていることが気に入っていて。一緒にいることを楽しんでいるし、尊敬しあっていることも良いですよね。この映画では、もっと2人は互いを深く頼り合うようになります。2人の関係を皆さんが楽しんでくれると祈っています。

 007/ノー・タイム・トゥ・ダイ
© 2021 DANJAQ, LLC AND MGM. ALL RIGHTS RESERVED.

── 先代に比べて、あなたのQが見せるユーモアについてどう思われますか?

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。ご連絡はsawada@riverch.jpまで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly