Menu
(0)

Search

『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』日本・イギリスで大ヒット発進、『スカイフォール』超え

007/ノー・タイム・トゥ・ダイ
Credit: Nicola Dove © 2019 DANJAQ, LLC AND MGM. ALL RIGHTS RESERVED.

日本でも待望の公開を迎えた007/ノー・タイム・トゥ・ダイが海外でも好発進だ。2021年9月30日に本国イギリスで公開を迎え、順次ドイツやオランダ、スイスに香港などで封切りとなった本作の世界興行収入は、10月3日付で1億1,910ドルに到達の見込み。コロナ禍以降、中国を除く米国外での初週末興行収入が1億ドルを越えたのは初めてのことだ。

「9,000万ドル」とされた事前のオープニング興収予想額を超え、シリーズ作『007  スカイフォール』(2012)の海外オープンニング興収(1億920万ドル)も上回る結果となった。前作『007 スペクター』(2015)の1億2,350万ドルにも肉薄。また、コロナ禍最大のヒット作のひとつ『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』の同条件(6,950万ドル)も大幅に引き離している。

Deadlineは、『ノー・タイム・トゥ・ダイ』がいくつかの地域で期待以上の成果を見せていると、健闘ぶりを伝えている。本国イギリスの初週興収(9月30日〜10月3日)は3,480万ドルになる見通しで、やはりコロナ禍以降では最大のヒット。『スカイフォール』の同期録(3,250万ドル)をも上回るパフォーマンスだ。次いでドイツが1,470万ドルの記録。

10月1日より公開を迎えた日本でも堅実な成績を収めており、米Box Officeのデータによれば580万ドル、およそ6億4,000万円の滑り出し。こちらも『スカイフォール』以上(567万ドル)以上の成績だ。日本の場合、公開日よりちょうど緊急事態宣言が解除され、映画館の全席販売が再開されたことも追い風となっただろう。米The Hollywood Reporterは、初日の金曜日における日本での興収は「ボンドシリーズ史上最高、パンデミック下でのハリウッドタイトルとしては2番目」の記録であったと伝えている。

今後は10月8日に北米公開、やや遅れて29日から一大市場・中国でも公開となる。ダニエル・クレイグ最後のジェームズ・ボンドは、好記録と共に有終の美を飾ることとなるか。

※記事初出時、日本興行収入の日本円表記に誤りがありました。お詫びして訂正いたします。

Source:Deadline,The Hollywood Reporter,Box Office

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。運営から記事執筆・取材まで。数多くのハリウッドスターにインタビューさせていただきました。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly