Menu
(0)

Search

『007 慰めの報酬』ボンドガール役ジェマ・アータートン、演じた役に「多くの誤りあった」と持論

Gemma Arterton ジェマ・アータートン
Photo by Eva Rinaldi https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Gemma_Arterton_(8426808784)_(cropped_to_shoulders).jpg

人気スパイアクション映画007シリーズより、ダニエル・クレイグ版第2作『007 慰めの報酬』(2008)でボンドガールの1人を演じたジェマ・アータートンが、自身が演じた役について「たくさんの誤りがあった」と持論を述べている。公開から約12年が経過した現在、アータートンがこのように発言した意図とは何なのだろうか…?

アータートンが『慰めの報酬』で演じたのは、ボンドガールのひとりとして登場した英国秘密情報部(MI6)のエージェント、ストロベリー・フィールズ。当時22歳、役者として無名だったアータートンは、1500人の候補者の中から見事抜擢された。

2020年末、英The Sunのインタビューに応じたアータートンは現在に至るまでのキャリアを回顧。「キャリアの最初の時はひどく貧しかったんです。働いて生活費を稼げたことがただ嬉しかったんです」と振り返っている。その一方で、理由こそ定かでないが「今でもまだ『慰めの報酬』で役を引き受けたことに対して批判を受けています」とも語るアータートン。「私は22歳で学生ローンも負っていました」と当時のやむを得ない状況を明かしながらも、役者としての知名度を獲得した現在、自身が演じた役についてある種“後悔”のような感情を抱いているようだ。

年齢を重ねていくにつれて、ボンドの女性たち(Bond Women)には多くの誤りがあったということに気づきました。ストロベリーはただ“ノー”と言って、フラットシューズを履いていればよかったんですよ。」

MI6の命令を受けて、ボンドをロンドンに帰国させる任務についたストロベリー・フィールズは、最初こそボンドに不快感を抱いていたが、時間を共に過ごすうちに魅了されるようになり、肉体関係を結んでいる。フィールズのこうしたストーリー展開に対して、アータートンは“誤り”と認識しているのだろう。アータートンが一般に“ボンドガール”として知られている名称を“Bond Women”と呼んでいるのにも、意思のようなものが感じられる。

ちなみに、ボンドガールの描き方について異議を唱えたボンドガール女優は、アータートンだけではない。前作『007 スペクター』(2015)でマドレーヌ・スワンを演じたレア・セドゥも「私たちはボンドのセクシャリティを満たすためにいるわけではない」と発言。セドゥは、ボンドガール像を最新作『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』で「変化させる必要があった」とも語っていた。

あわせて読みたい

Source: The Sun

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。ご連絡はsawada@riverch.jpまで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly