Menu
(0)

Search

【夕刊】「ウォッチメン」シーズン2実現するか/「ダーククリスタル」が打ち切り/ ベン・スティラー、Appleのコメディシリーズ手掛ける

THE RIVER夕刊号では、その日の記事にはあげられなかったけれど注目しておきたいニュースや話題をまとめてお届け。2020年9月23日のトピックはこちら!

『フェイフェイと月の冒険』予告編第2弾が米公開

Netflixのアニメ映画『フェイフェイと月の冒険』より最新の米予告編が公開となった。監督はウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオで40年近く活躍したグレン・キーン。アジアを舞台に、月の女神の伝説を信じて自ら宇宙船を作って旅に向かう少女の冒険を描く。2020年10月23日(金)より独占配信開始。

HBO「ウォッチメン」製作者、シーズン2はやらない

ウォッチメン(ドラマ)
©2019 Home Box Office, Inc. All rights reserved. HBO® and related channels and service marks are the property of Home Box Office, Inc.

HBOドラマ「ウォッチメン」製作のデイモン・リンデロフに、シーズン2続投の意志はないようだ。リンデロフはかねてより1シーズン限りの製作であることを強調していたが、この度エミー賞リミテッドシリーズ部門を受賞したことを受け、「“リミテッドシリーズにすぎなかった”と言って(シーズン2に)戻っては、大きな裏切りのように思える」として継続を改めて否定。もっとも、「バトンを引き継ぎたい他のアーティストを招待する」とも語っており、自らは離脱してのシーズン2実現の可能性はあるようだ。

Source:Deadline

『華麗なるギャツビー』キャリー・マリガン、ブラッドリー・クーパー監督最新作に出演決定

キャリー・マリガン&ブラッドリー・クーパー
Photo by Foreign and Commonwealth Office https://www.flickr.com/photos/foreignoffice/45646489364/ | Raph_PH https://www.flickr.com/photos/raph_ph/35547413626/ | Remixed by THE RIVER

『華麗なるギャツビー』(2013)『ワイルドライフ』(2018)などで知られる女優キャリー・マリガンが、『アリー/ スター誕生』(2018)に続くブラッドリー・クーパー主演・監督によるNetflixオリジナル映画『Maestro(原題)』に出演することがわかった。本作は20世紀後半を代表する作曲家・指揮者レナード・バーンスタインを描く伝記映画。キャリーは、レナートの妻・女優フェリシア・モンテアレグレ役を演じる。製作陣にはマーティン・スコセッシ、スティーヴン・スピルバーグ、トッド・フィリップスなど、錚々たる顔ぶれが名を連ねている。撮影は2021年春に開始される予定だ。

Source:Deadline

ベン・スティラー、Apple製作のコメディシリーズで監督・製作総指揮

『LIFE!』(2013)などで知られるベン・スティラーが、Apple製作のコメディシリーズ「High Desert(原題)」で監督・製作総指揮を務めることがわかった。主演を務めるのは、『アメリカの災難』(1996)で共演し、監督作「エスケープ・アット・ダンネモラ~脱獄~」(2018)で仕事を共にした女優パトリシア・アークエット。1話30分で製作される本作は、アメリカ・カリフォルニア州、ユッカバレーの砂漠の町を舞台に、元依存症患者ペギーが母親の死を皮切りに、人生を変える為に探偵になることを決意するという物語だ。

Source:Variety

ロン・ハワード監督、中国出身天才ピアニストの伝記映画手がける

『ビューティフル・マインド』(2001)『ダ・ヴィンチ・コード』(2006)などで知られる名匠ロン・ハワードが、中国出身の天才ピアニスト、ラン・ランの伝記映画(タイトル未定)の監督に就任した。1982年、中国・遼寧省に生まれたラン・ランは、9歳時に音楽の名門、中央音楽院に入学。数々のコンクールで優勝を重ねる中、17歳の時にシカゴ交響楽団と共演し、脚光を浴びた。これまでに小澤征爾やダニエル・バレンボイムら名だたる指揮者・音楽家たちと共演を果たしている。脚本は、『シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム』(2011)のキーラン・マローニーとミッチェル・マローニー。製作にラン・ランをはじめ、『アポロ13』(1995)や『ビューティフル・マインド』など、ハワード監督作品に名を連ねるブライアン・グレイザーら。

Source:THR

ジョン・ボイエガ、『アイ・イン・ザ・スカイ』監督の新作スリラーに出演

『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』来日イベント

『スター・ウォーズ』フィン役のジョン・ボイエガが、『オフィシャル・シークレット』や『アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場』(2015)のギャヴィン・フッド監督の新作スリラー映画に出演する。物腰穏やかな移民の男性が、テロリストを炙り出すための「市民評価テスト」を受ける物語だ。ボイエガはテストを監修した若き行動心理学者役を演じ、男性役には『6アンダーグラウンド』(2019)のペイマン・モアディが起用された。SF作家シルヴァン・ヌーヴェルの小説『The Test(原題)』を基に、フッド監督が脚本を執筆する。

Source:Deadline

「ダーククリスタル: エイジ・オブ・レジスタンス」1シーズンで打ち切りに

Netflixオリジナルシリーズ「ダーククリスタル: エイジ・オブ・レジスタンス」がシーズン1かぎりで終了となった。米Netflixが公式に発表している。本作は『ダーククリスタル』(1982)の前日譚として製作されたダークファンタジーで、ジム・ヘンソン・カンパニーが製作を担当。タロン・エジャトンやアニャ・テイラー=ジョイ、ヘレナ・ボナム・カーター、マーク・ハミル、マーク・ストロング、サイモン・ペッグら豪華キャストでも話題を呼んだほか、2019年8月に配信されるや、作品は高い評価を獲得。第72回エミー賞でも子ども向け番組賞に輝いていた。

Source:Deadline

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly