Menu
(0)

Search

【夕刊】『ドクター・ドリトル』監督の新作映画/「ルシファー」最終シーズンが撮影開始/トランプ大統領の星型プレートまた破壊 ほか

THE RIVER夕刊号では、その日の記事にはあげられなかったけれど注目しておきたいニュースや話題をまとめてお届け。2020年10月7日のトピックはこちら!

『荒野の誓い』監督、実話犯罪ドラマでテレビ進出

『荒野の誓い』(2017)『ブラック・スキャンダル』(2015)のスコット・クーパー監督が、実話に基づく犯罪ドラマ「Angels & Damons(原題)」を手がける。1シーズン限りのリミテッドシリーズとなり、クーパーは全話の脚本・監督を担当。原作はトーマス・フレンチによる同名の新聞記事で、1998年のピュリッツァー賞を受賞。1989年、米フロリダ州のタンパ湾にて女性3人の遺体が発見された事件について、膨大な証言とデータの取材を実施し、事件の背景や余波を解き明かした。ドラマ版にはフレンチも監修として参加する。

Source: Deadline

『ドクター・ドリトル』監督、ピュリッツァー賞に輝くサーファーの自叙伝を映画化

『ドクター・ドリトル』(2020)のスティーヴン・ギャガン監督が、ピュリッツァー賞に輝く名著『バーバリアンデイズ』(AFブックス)を映画化する。サーファー&ジャーナリストであるウィリアム・フィネガンの自叙伝である本書は、“サーフィン本の最高傑作と呼ばれ、サーファーでない読者にも愛される一冊。映画版でギャガンは脚本・監督・プロデューサーを兼任し、フィネガンも製作総指揮として参加する。米Amazon Studiosが製作。ギャガン監督は『英雄の条件』(2000)『トラフィック』(2002)の脚本や『シリアナ』(2005)の脚本・監督など硬派な作品群で知られるため、『ドクター・ドリトル』の大作路線からの回帰に期待が高まる。

Source: Deadline

NetflixLUCIFER/ルシファー」最終シーズンが撮影開始

Netflixオリジナルシリーズ「LUCIFER/ルシファー」完結編となるシーズン6の撮影が正式に開始された。ショーランナーを務めるジョー・ヘンダーソンがTwitterで発表している。コロナ禍の影響で中断されていたシーズン5の撮影は2020年9月23日(米国時間)より再開。ヘンダーソンによれば、シーズン5の撮影は無事終了。続けてシーズン6の撮影に挑むことになる。

オーランド・ブルーム、AmazonのSFドラマで製作総指揮

『ロード・オブ・ザ・リング』『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズなどの俳優オーランド・ブルームが、Amazonの新作SFドラマ「The Cleaners(原題)」で製作総指揮を務める。物語の舞台は、無生物体が人間の経験の記憶を保持しており、ある一定数の人間がその記憶を再び体験することができる近未来の世界。“Cleaners”と呼ばれる、無生物体の衛生状況を守るスペシャリストの家に生まれた主人公の男が、家業を継ぎ、謎だらけの新たな任務に挑む物語だ。SF作家ケン・リュウのSF短編を原案に、「The OA」(2016-2019)のドミニク・オーランドが脚本を執筆。ブルームのほか製作には、原案のリュウも名を連ねている。

Source: Deadline

Netflixの群像劇「グランド・アーミー」エモーショナルな予告編が公開

Netflixオリジナルシリーズ「グランド・アーミー」予告編映像が公開となった。5人の生徒。5つの物語。明日を夢見る心は1つ。ブルックリン最大の高校を舞台に、成功や生存のため戦ったり、ハメを外したり、未来を掴もうともがいたりする若者たちを描く。2020年10月16日 (金) より独占配信スタート。

トランプ大統領の星型プレートまた破壊、犯人はハルク?

米ハリウッドの「ウォーク・オブ・フェイム」では、ドナルド・トランプ米大統領の名の星型プレートがまたまた破壊された。就任後は破壊トラブルが相次いでいたが、今回の犯人は目撃者情報によるとハルクの姿をしていたとか。現在、警察が捜査中。破壊行為は立派な犯罪だ。

Source: LA Times

エリザベス・モス、ジェイソン・ブラム製作の配信映画で元下院議員ケイティー・ヒル役を演じる

Elisabeth Moss エリザベス・モス
Photo By Dominick D https://www.flickr.com/photos/idominick/13334680314/ | Remixed by THE RIVER

「ハンドメイズ・テイル/侍女の物語」(2017-)『透明人間』(2019)のエリザベス・モスが、元下院議員ケイティー・ヒルを描く配信映画で主演を務めることがわかった。タイトル未定の本作は、ヒル本人による自伝書『She Will Rise: Becoming a Warrior in the Battle for True Equality(原題)』が原作。希望の若手女性下院議員として注目されていく中、性的スキャンダルによって、辞任に追い込まれるまでの壮絶な背景と過程が赤裸々に綴られている。プロデューサーはモスとジェイソン・ブラムなど。製作総指揮はヒル本人が、脚本は『スタンドアップ』(2005)のマイケル・サイツマンが務める。

Source: Variety

カンヌ選出のホラー映画『The Swarm』、Netflixが世界配給権を獲得

2020年カンヌ国際映画祭の批評家週間に選出された、フランス発のホラー映画『The Swarm(英題)』の世界配給権をNetflixが獲得した。バッタ農場を開拓する事に苦労しているシングルマザーを主人公にした作品。ある日、バッタが人間の血を飲み繁殖していることに気付く……。監督はジャスト・フィリッポットが、脚本はジェローム・ジュヌブレイ&フランク・ビクターが担当した。2020年12月4日に、フランス・スペイン・中国を除く全世界で配信開始。

Source: Variety

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly