洋画大作ファンが2017年夏の公開作のために支払う鑑賞料金は総額17,400円

2017年もハリウッド映画が大漁だ。

上半期だけでも、既に『ドクター・ストレンジ』『キングコング:髑髏島の巨神』『トリプルX:再起動』『ゴースト・イン・ザ・シェル』『ワイルド・スピード ICE BREAK』『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』『ローガン』『ハクソー・リッジ』などなど、映画館の大スクリーンで楽しむべき作品が多数公開される。

しかし、『洋画アタリ年』2017年は下半期も嘘みたいにヤバい。劇場でゼッタイ観たい大作映画が毎月、数週間おきに雪崩のように押し寄せてくる、怒涛のスケジュールとなっているのだ。
観たい作品がたくさん公開されるのは嬉しい限りなのだが、一方で「これ全部観てたら、映画の鑑賞料金も大変なことになるんじゃないか…?」という庶民的な不安もつきまとう。いったい、気になる作品を全て観に行くのにはいくら必要なのだろう…?

そこで今回は、2017年夏、7月と8月に日本公開される注目作品を今一度おさらいし、鑑賞料金が述べいくらになってしまうのかを明らかにしたい。

おことわり:
(1)ピックアップする作品は独断と偏見に基づいています。「あの作品が入っていないのはおかしい!」というツッコミは何卒ご容赦ください。
(2)劇場鑑賞料金は、IMAX:2,200円/IMAX3D:2,600円として算出しています。なおIMAX鑑賞料金は劇場により異なります。詳しくは各劇場Webサイトでご確認ください。

2017年夏の注目映画

7月1日(土)公開 パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊

この夏の幕開けとして相応しい、パイレーツ・オブ・カリビアン最新作。今作で第5弾となるから、6月中には過去4作を改めておさらいしておきたい。
シリーズのファンなら必ず劇場に出かけたいのはもちろんだが、巷では「さすがのジョニー・デップももう集客力が落ちているのでは」とも囁かれている。しかし注目したいのは、むしろヴィランとして登場するサラザール。演じるハビエル・バルデムは『ノーカントリー』『007 / スカイフォール』でも”ヤバい悪役”を怪演。ファミリー来場も見込まれる同作において、サラザールさんにはぜひ少年少女のトラウマとなってほしい。

IMAX3D鑑賞料金:2,600円

7月7日(金)公開 ジョン・ウィック:チャプター2

『パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊』の翌週は、『ジョン・ウィック:チャプター2』を観に行こう。前作はガン・アクションとカンフー・アクションを融合された”ガンフー”を現代にアップデートさせた、スピーディーでスタイリッシュな作風がファンに大ウケ。現在公開されている予告編映像もとにかくキレの良いアレンジとなっており、オシャレなアクション映画としての期待も高まる。海外辛口レビューサイトRotten Tomatoesでは、前作の85%を上回る90%の高評価を記録。

IMAX鑑賞料金:2,200円

7月15日(土)公開 パワーレンジャー

『ジョン・ウィック:チャプター2』翌週末はGOGOパワーレンジャーである。日本のスーパー戦隊シリーズを下敷きとしたアメリカの人気TVシリーズ『パワーレンジャー』の実写映画版。アメコミヒーロー映画全盛期の今、おなじみの5人のカラフルなヒーローがスクリーンに堂々デビューするのだ。人間ドラマ、アクション、巨大メカバトルと「男子の”好き”が全部盛り」な一作。筆者はいち早く試写で鑑賞させて頂いたが、変身までのプロセスを丁寧に描いてくれる分、いざ5人が揃ったときの喜びったらない。

IMAX鑑賞料金:2,200円

7月28日(金)公開 ザ・マミー/呪われた砂漠の王女

1932年の「ミイラ再生」をトム・クルーズ出演でリメイク。今作を皮切りに、ユニバーサル・ピクチャーズが仕掛ける新シリーズ「ダーク・ユニバース」がスタートする。ドラキュラや透明人間、フランケンシュタイン、狼男といった誰もが知る往年のモンスターたちをトム・クルーズやジョニー・デップ、ハビエル・バルデムら豪華キャストで次々と現代に蘇らせ、各作品をつなぐ役割と見られる研究組織プロディジウムを率いるジキル博士はラッセル・クロウが演じる。
マーベルやDCといったアメコミ映画はもちろん、ゴジラやキングコングらが介するモンスター・ユニバースなど、シリーズ映画の「ユニバース化」はハリウッドでトレンドとなりつつある。大注目のダーク・ユニバースは、第一作目となる今作『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』のうちからしっかり押さえておきたい。

IMAX3D鑑賞料金:2,600円

8月4日(金)公開 トランスフォーマー/最後の騎士王

ここまで観て、ようやく8月を迎えられるのである。まず登場するのは、トランスフォーマー最新作。我らがオプティマス・プライムが闇堕ちすると噂される、シリーズ最終章の幕開け作だ。イギリス貴族のエドマンド・バートン卿(アンソニー・ホプキンス)によって、地球の史実には裏でトランスフォーマーが関与していたという衝撃事実が明かされる。公開された映像には、第二次世界大戦やアーサー王伝説、更には日本の侍たちの姿も見られることから、歴史ロマンス的な一面も楽しみ。IMAXの3Dで繰り広げられるマイケル・ベイ監督のド迫力映像に圧倒される夏が待ちきれない。

IMAX3D鑑賞料金:2,600円

8月11日(金)公開 スパイダーマン:ホームカミング

『トランスフォーマー / 最後の騎士王』の興奮が落ち着かぬうち、スパイダーマン&アイアンマンという夢の共闘が実現する『スパイダーマン:ホームカミング』が封切られる。あのスパイダーマンがついにマーベル・シネマティック・ユニバースに参加した…というのは、もう説明不要だろう。
もともと過去2シリーズ、5作のスパイダーマン映画が公開されている点や、すっかりマーベル映画が定着した点を考えると、日本でも熱狂的に受け入れられるだろう。おまけに今回は15歳の主人公ピーター・パーカーが繰り広げる青春学園モノということだからより一層の中高生人気も期待できる。さらに敵対するヴァルチャーを演じるマイケル・キートンは1989年版『バットマン』としてもよく知られ、第87回アカデミー作品賞『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』主演としても記憶に新しい。若者だけでなく、往年の映画ファンも見逃せない一作なのだ。

IMAX3D鑑賞料金:2,600円

8月25日(金)公開 ワンダーウーマン

2017年夏休み映画の大トリを飾るのは、DCエクステンデッド・ユニバース最新作『ワンダーウーマン』。2016年の『バットマンvsスーパーマン:ジャスティスの誕生』で華々しくスクリーンデビュー済の最強の美女戦士を描く。既に本国メディアでの評価はすこぶる好調で、Rotten Tomatoesの批評家スコアでは96%を叩き出している。「ずっと観たかったDC映画がようやく実現した」と大絶賛の声も。また、『バットマンvsスーパーマン:ジャスティスの誕生』『スーサイドスクワッド』に見られたような削除シーンも、今作には存在しないという。

IMAX3D鑑賞料金:2,600円

合計金額は…?

以上、2017年の7月〜8月にぜひ劇場で観たい作品が出揃った。全7作品、その鑑賞料金を恐る恐る計算してみよう…。

  • 7月1日(土)公開 パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊
    IMAX3D鑑賞料金:2,600円
  • 7月7日(金)公開 ジョン・ウィック:チャプター2
    IMAX鑑賞料金:2,200円
  • 7月15日(土)公開 パワーレンジャー
    IMAX鑑賞料金:2,200円
  • 7月28日(金)公開 ザ・マミー/呪われた砂漠の王女
    IMAX3D鑑賞料金:2,600円
  • 8月4日(金)公開 トランスフォーマー/最後の騎士王
    IMAX3D鑑賞料金:2,600円
  • 8月11日(金)公開 スパイダーマン:ホームカミング
    IMAX3D鑑賞料金:2,600円
  • 8月25日(金)公開 ワンダーウーマン
    IMAX3D鑑賞料金:2,600円

合計:17,400円

いちまん、ななせん、よんひゃくえん…。
いざ計算してみると、なかなかバカにならない金額に驚きである。どれも見逃せない作品ばかりなので、どうしてもお財布に余裕がない場合は、いずれかをIMAXでなく通常スクリーンの鑑賞に差し替えてしのぎたい。
ちなみに、劇場パンフレット(一冊800円と仮定)を全作購入したとすると、800円✕7作品=5,600円をプラスして23,000円となる…。

この金額は、あくまでも7月〜8月の上映作品のみであることを強調しておきたい。9月以降から年末にかけても、『ダンケルク』『エイリアン:コヴェナント』『ブレードランナー 2049』『マイティ・ソー バトルロイヤル(ラグナロク)』『ジャスティス・リーグ』そして大トリ『スター・ウォーズ / 最後のジェダイ』と、どうかしてるほど怒涛のラインナップが待ち構えている。さらに12月1日(金)から3日(日)にかけては、昨年よりもパワーアップした『東京コミコン2017』も僕たちポップカルチャー・ファンを待っているのだ。

2017年もポップカルチャー・ファンらは、大好きな映画を楽しむためにお仕事やアルバイト、学業にしっかり勤しみたい。そもそも、この夏を無事乗り越えられうかどうか…。

2017年は“洋画ファン黄金時代”!劇場公開ラインナップが凄すぎて、全部観るまで絶対死ねない件

About the author

新年は飛躍の一年にしたい。毎年言ってます。THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。

THE RIVER 公式iPhoneアプリ


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。