Menu
(0)

Search

THE RIVER超厳選!2018年、必見&気になる海外映画60作品徹底ガイド

2018 MUST-WATCH MOVIES

新年あけましておめでとうございます。本年もTHE RIVERを何卒よろしくお願い申し上げます。

ついにやってきた2018年、「一年の計は元旦にあり」というわけで、みなさまは今年気になる映画をすでにチェックされていることだろうか……。THE RIVERでは新年企画として、2018年の映画鑑賞をお手伝いすべく、今年必見&注目の海外映画60作品(劇場公開作品)をご紹介させていただくことにした。

2018年も、ポップカルチャーがみなさまの生活をよりよいものにすることを願って。

2018 MUST-WATCH MOVIES

1月~3月公開作品

1月

まずは1月、新年は人気作品の続編『キングスマン:ゴールデン・サークル』(5日公開)からスタートだ。前作のアクションとユーモア、映像センスはそのまま健在。コリン・ファース&タロン・エガートンほかおなじみの顔ぶれに、新たなる出演者が加わったコラボレーションの妙を堪能しよう。

キングスマン:ゴールデン・サークル
© 2017 Twentieth Century Fox Film Corporation

つづいて『インデペンデンス・デイ』シリーズでローランド・エメリッヒ監督の右腕を務めたディーン・デヴリンの監督デビュー作『ジオストーム』(19日公開)。“大寒波が地球を襲う”、ディザスター映画の最先端が新年早々日本上陸だ。
さらに『アベンジャーズ』などマーベル映画に対するロシアからの回答『ガーディアンズ』(20日公開)、日本発ホラーがハリウッドから三たび帰ってくる『ザ・リング リバース』(26日公開)もやってくる。
また『ハート・ロッカー』(2008)や『ゼロ・ダーク・サーティ』(2012)のキャスリン・ビグロー監督が1967年のデトロイト騒動を撮り、米国の批評家から絶大なる評価を集めた『デトロイト』(26日公開)、スティーヴン・キングの長編シリーズを大胆な手つきで映画化した『ダークタワー』(27日公開)にも注目しておきたい。

2月

鬼才マーティン・マクドナー監督による犯罪映画で、アカデミー賞の有力候補として注目される『スリー・ビルボード』(1日公開)は、目利きの批評家や映画ファンから早くも絶賛の相次ぐ一本だ。
ヒュー・ジャックマンが『レ・ミゼラブル』(2012)以来のミュージカル映画に挑んだ『グレイテスト・ショーマン』(16日公開)は、ザック・エフロンや『スパイダーマン:ホームカミング』(2017)のゼンデイヤら共演者の顔ぶれも魅力的。
ソフィア・コッポラ監督の最新作『The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ』(23日公開)では、ニコール・キッドマン、キルスティン・ダンスト、エル・ファニングといったそうそうたる女優7人がコリン・ファレルを取り囲む。女性寄宿学園に男性が入り込んだことで起こる愛憎劇を描いたスリラー映画だ。

3月

春休みを控えた3月は、注目の作品が次々とスクリーンに登場する。
1日にはギレルモ・デル・トロ監督の最新作でベネチア国際映画祭で金獅子賞を獲得したファンタジー・ロマンス映画『シェイプ・オブ・ウォーター』、いまや外れ知らずの巨匠クリント・イーストウッドが『ハドソン川の奇跡』(2016)に続いて現代の事件を撮った『15時17分、パリ行き』、そして『クリード チャンプを継ぐ男』(2015)のライアン・クーグラー監督が挑むマーベル・シネマティック・ユニバース作品『ブラックパンサー』の3本が同日公開される。
翌2日には、『ブレードランナー 2049』(2017)のドゥニ・ヴィルヌーヴ監督などクリエイターから絶賛された、人間を13cmに縮める技術を描く『ダウンサイズ』が登場だ。

月の後半には、春休みらしい家族で観られる作品も揃った。すでに海外で圧倒的評価を集めるディズニー/ピクサー作品『リメンバー・ミー』(16日公開)では、22分の新作アニメ『アナと雪の女王 家族の思い出』も同時上映される。そのライバルとしてユニバーサル&ドリームワークスが送り込んだ刺客は、“赤ちゃんにしておっさん”『ボス・ベイビー』(21日公開)。人気ゲームの映画版をリブートした『トゥームレイダー ファースト・ミッション』(21日公開)の鮮烈なアクションにも注目しよう。

トゥームレイダー
『トゥームレイダー ファースト・ミッション』©2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC.

さらに大人の映画ファンへの一押しは、スティーヴン・スピルバーグ監督のもとにトム・ハンクス&メリル・ストリープが集った、現在のアメリカ、そして世界を痛烈に刺す『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』(30日公開)。フランスのコミック(バンド・デシネ)をリュック・ベッソンが映画化した“ブッ飛び”SFエンターテインメント『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』、ジェニファー・ローレンスと『ハンガー・ゲーム』シリーズの監督が久々タッグを組んだスパイアクション『レッド・スパロー』も同じく30日の公開だ。
ゲイリー・オールドマンが驚異の特殊メイクで本人そのままに“変身”した、『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』も3月公開、こちらも見逃し厳禁だろう。

ヴァレリアン 千の惑星の救世主
『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』© 2017 VALERIAN S.A.S. – TF1 FILMS PRODUCTION

ちなみに2018年1~3月に米国で公開される、2017年12月時点で日本公開が未定の作品も一部ご紹介しよう。
『ウォレスとグルミット』シリーズのアードマン・スタジオによる新作『アーリー・マン(原題:Early Man)』の注目ポイントは、エディ・レッドメイン&トム・ヒドルストンという注目のボイスキャスト。名優ダニエル・デイ=ルイスの引退作『ファントム・スレッド(原題:Phantom Thread)』、 『クローバーフィールド』シリーズの第3弾『ゴッド・パーティクル(原題:God Particle)』も日本公開を切望するばかりだ。

4月~6月、初夏公開作品

4月

2018年の春は、3月に続いて大作映画が目白押し。ロビン・ウィリアムズ主演『ジュマンジ』(1995)の正統な続編となる『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』(6日公開)では、ゲームの世界にドウェイン・ジョンソン&ジャック・ブラック、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズのカレン・ギランら異色メンバーが挑む。

『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ザ・ジャングル』

ゲームの世界ならぬ、こちらはバーチャル・リアリティの世界が舞台になるのは『レディ・プレイヤー1』(20日公開)。スティーヴン・スピルバーグ渾身のSF冒険映画で、日米ポップカルチャーの多彩な登場も楽しみだ。
さらにマーベル・シネマティック・ユニバースの集大成、アイアンマンやキャプテン・アメリカ、スパイダーマンにガーディアンズ・オブ・ギャラクシーなど有名キャラクターと豪華スターが空前の共演を果たす『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(27日公開)や、日本を舞台に人類 vs KAIJUの激闘が繰り広げられる、シリーズ続編にして新たなアクション超大作『パシフィック・リム:アップライジング』(4月公開)も当然見逃せない。

パシフィック・リム:アップライジング
『パシフィック・リム:アップライジング』©Legendary Pictures/Universal Pictures.

大作映画ならずとも、映画ファンの注目を集めているのは『ジ・オンリー・リビング・ボーイ・イン・ニューヨーク(原題:The Only Living Boy in New York)』(4月公開)。『(500)日のサマー』(2009)や『gifted/ギフテッド』(2017)のマーク・ウェブ監督が、人間模様をふたたび真正面から切り取る一作だ。

5月~初夏

5月の注目作は、おなじみのキャラクターを驚きの新解釈で実写化した『ピーターラビット』(公開日未定)。THE RIVER的には、『スター・ウォーズ』新3部作のデイジー・リドリー&ドーナル・グリーソン、『スーサイド・スクワッド』(2016)のマーゴット・ロビーという顔合わせが美味しすぎる一本だ。
『ソーシャル・ネットワーク』(2010)や『スティーブ・ジョブズ』(2015)の脚本家アーロン・ソーキンの監督デビュー作『モリーズ・ゲーム』(公開日未定)にも注目したい。アスリートから違法ポーカールームの経営者へと転身したモリー・ブルームの人生を、ジェシカ・チャステイン、イドリス・エルバ、ケビン・コスナーといった実力派キャストで紡ぎ出す実話映画だ。

6月には、“俺ちゃん”ことデッドプールが2年ぶりにカムバックする『デッドプール2(仮題)』が米国公開から間を開けずに上陸予定。『ジョン・ウィック』(2014)や『アトミック・ブロンド』(2017)のデヴィッド・リーチ監督による、さらに洗練されたアクション演出にも期待がかかる。
そして、久々の夏公開映画として登場する『スター・ウォーズ』は、スピンオフ作品『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』(29日公開)。製作の紆余曲折を経て、ベテラン監督ロン・ハワードがアルデン・エーレンライクをはじめフレッシュな出演者たちを牽引した。いまだ詳細は不明だが、全世界を巻き込んだ“お祭り”になることは今から間違いない。

なお初夏には、フィギュアスケート史に残る事件を描く、マーゴット・ロビー主演『アイ、トーニャ(原題:I, Tonya)』(公開日未定)、巨匠リドリー・スコット監督による誘拐サスペンス『オール・ザ・マネー・イン・ザ・ワールド(原題:All the Money in the World)』(公開日未定)という意欲的な実話映画が2本上陸する。どちらもすでに高い評価を獲得しているだけに、その完成度には期待したいところだ。

アイ、トーニャ
『アイ、トーニャ』Copyright © 2017 AI Film Entertainment LLC. All Rights Reserved.

なお4~6月に米国にて公開される日本公開未定の作品には、『X-MEN』シリーズのスピンオフ作品にして本格青春ホラー映画『ニュー・ミュータンツ(原題:New Mutants)』、ドウェイン・ジョンソン主演によるレトロゲームの実写版『ランページ(原題:Rampage)』、そして『オーシャンズ11』シリーズを女性キャストで継続する『オーシャンズ8(原題:Ocean’s 8)』がある。
『オーシャンズ8』にはサンドラ・ブロック、ケイト・ブランシェット、アン・ハサウェイ、リアーナ、ヘレナ・ボナム=カーターといった豪華メンバーが集結。マット・デイモンも過去作品と同じ役柄でカメオ出演する予定だ。

7~9月公開作品

2018年の下半期は、いまだ日本での劇場公開日が決まっていない注目作が数多く揃っている。
日本公開が決定しているなかで必見なのは、ホラー映画の俊英J・A・バヨナが手がけるシリーズ続編『ジュラシック・ワールド/炎の王国』(7月13日公開)、前作『Mr.インクレディブル』(2003)から14年ぶりの続編となるディズニー/ピクサー作品『インクレディブル・ファミリー』(8月1日公開)だろう。

ジュラシック・ワールド/炎の王国
『ジュラシック・ワールド/炎の王国』© Universal Pictures

海の向こうで7~9月に公開されるラインナップは、日本公開の詳細が決まっていないものも注目の映画ばかり。

新ヒロイン・ワスプが登場する、マーベル・シネマティック・ユニバース作品『アントマン』(2015)の続編『アントマン&ワスプ(原題:Ant-Man and the Wasp)』、日本の漫画『銃夢』をジェームズ・キャメロン製作&ロバート・ロドリゲス監督という超強力な布陣で実写化した『アリタ:バトル・エンジェル(原題:Alita: Battle Angel)』、トム・クルーズ主演による大人気シリーズの最新作『ミッション・インポッシブル6(仮題)』
さらに、『アイアンマン3』(2013)や『ナイスガイズ!』(2016)のシェーン・ブラック監督が手がける人気クリーチャー・シリーズの第4作『ザ・プレデター(原題:The Predator)』や、『キングスマン』シリーズのタロン・エガートン主演、ジェイミー・フォックスと『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(2016)のベン・メンデルソーンが共演する『ロビン・フッド(原題:Robin Hood)』も気になるところだ。

10~12月公開作品

日本公開が決定している作品では、『ハリー・ポッター』新シリーズの第2作『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』(11月公開)を見逃すわけにはいかないだろう。エディ・レッドメインやキャサリン・ウォーターストン、エズラ・ミラーら前作キャストのほか、ジョニー・デップ&ジュード・ロウというスター俳優を加えての新たな展開が今から楽しみだ。

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生
『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』©2017 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved. Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights © JKR.

10~12月の米国公開映画は、いずれも早期の日本公開が望まれる超充実のラインナップだ。

『スパイダーマン』のスピンオフ作品より、コミック・ファンの人気が厚いダークヒーローをトム・ハーディが演じる『ヴェノム』。リズ・アーメッドやミシェル・ウィリアムズ、ウディ・ハレルソンら個性豊かな共演者にも注目したい。
俳優ブラッドリー・クーパーの監督デビュー作『スタア誕生(原題:A Star Is Born)』は、レディー・ガガをヒロインに迎えて、1937年の同名映画をリメイクしたもの。早くも業界での前評判は上々とあって、続報が気になるばかりだ。
『ラ・ラ・ランド』(2016)のデイミアン・チャゼル監督&ライアン・ゴズリングの再タッグによる『ファースト・マン(原題:First Man)』は、人類で初めて月面に降り立った宇宙飛行士ニール・アームストロングを描く伝記映画。監督がどんな新境地を見せてくれるのか、映画ファン注目の一本に違いない。

早くも「スーパーヒーロー映画の革命」と関係者が自信をにじませるのは、シリーズ最新作『X-MEN: ダーク・フェニックス(原題:X-Men: Dark Phoenix)』。X-MENを知り尽くした脚本家・プロデューサーであるサイモン・キンバーグの監督デビュー作とあって、その力量にも注目だ。
女性たちの泥棒映画は『オーシャンズ8』だけじゃない! 『それでも夜は明ける』(2013)のスティーヴ・マックイーン監督による『ウィドウズ(原題:Widows)』は、『ゴーン・ガール』(2014)原作者のギリアン・フリンが脚本を担当。ヴィオラ・デイヴィス、エリザベス・デビッキ、ミシェル・ウィリアムズといった女優陣に加え、コリン・ファレル、リーアム・ニーソン、ロバート・デュバルという濃い男優たちの組み合わせも興味深い。
ディズニー・アニメーションの新作『シュガー・ラッシュ2(原題:Ralph Breaks the Internet: Wreck-It Ralph 2)』は、主人公ラルフとヴェネロペがインターネットの世界に進入。ディズニー・プリンセスたちの共演、スター・ウォーズ&マーベルとのコラボレーションなど、ディズニーによる取り組みの記念碑的作品になりそうだ。
『ロッキー』のスピンオフにして、前作が高評価を受けた『クリード2(原題:Creed 2)』には29歳の新鋭監督スティーブン・ケープル・Jr.が就任(2017年12月時点の年齢)。シルベスター・スタローンの脚本といかなる化学反応を起こしてくれるのだろうか?

1964年『メリー・ポピンズ』の続編映画『メリー・ポピンズ・リターンズ(原題:Mary Poppins Returns)』は、女優としてのキャリア目覚ましいエミリー・ブラントを主演に迎え、『シカゴ』(2002)のロブ・マーシャルが監督を担当。米国で空前の人気を博しているヒップホップ・ミュージカル『ハミルトン(原題:Hamilton)』を生み出したリン=マニュエル・ミランダも出演する。
DC映画ユニバースからは、ジェイソン・モモア主演『アクアマン(原題:Aquaman)』が登場。『ジャスティス・リーグ』(2017)で本格登場を果たした彼の肉体派アクション、監督が「正統派冒険映画」と豪語する仕上がりに注目だ。
さらに『トランスフォーマー』シリーズ初のスピンオフ作品『バンブルビー(原題:Bumblebee)』もやってくる。作品の詳細は不明だが、映画ファンの注目ポイントは『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』(2016)のトラヴィス・ナイト監督が実写映画デビューを果たすことだろう。

バンブルビー
『バンブルビー』

公開時期未定作品

米国での公開時期すら決まっていない映画にも、絶対に見逃せない作品がいくつも存在する。

ベネディクト・カンバーバッチ&マイケル・シャノン&ニコラス・ホルトという洋画ファン感激の組み合わせで贈る実話映画『カレント・ウォー(原題:Current War)』には、共演者にキャサリン・ウォーターストンやトム・ホランドといったフレッシュな顔ぶれが揃った。その実、電力供給競争を描いたという硬派な内容も楽しみだ。
巨匠マーティン・スコセッシにNetflixが出資した『ジ・アイリッシュマン(原題:The Irishman)』は、スコセッシ得意のギャング映画。ロバート・デ・ニーロ、アル・パチーノ、ジョー・ペシ、ハーヴェイ・カイテルという、往年の大スターによる目も眩むような共演を堪能したい(2019年公開との情報も存在する)。
テリー・ギリアム監督による『ドン・キホーテを殺した男(原題:The Man Who Killed Don Quixote)』は、紆余曲折を経てついに撮影終了した“いわくつきの一作”。苦節17年、あまたのトラブルを乗り越えていよいよ完成なるか、もはや劇場公開まで予断を許さない……。
『ゼロ・グラビティ』(2013)を手がけたアルフォンソ・キュアロン監督5年ぶりの新作『ローマ(原題:Roma)』は、1970年代のメキシコを舞台に、メキシコ系アメリカ人の中流家庭を描く一本。監督が自身の出生地であるメキシコを撮るのは、2001年『天国の口、終りの楽園。』以来となる。


以上、揃いに揃ったり全60作品である。すべて覚えておくなんて到底無理……といったところだが、もしも気になった作品があれば、ぜひお手元のスマートフォンなどにメモしておいてはいかがだろうか。

なお2018年、注目すべき映画が星の数ほどあるなかで、本記事ではアメリカの大作~中規模映画が中心となったことをお詫びしたい。どうしてこの映画が入っていないのか、この映画にもTHE RIVERは注目すべきだ、この作品を日本公開まで追いかけて……など、ご意見ご感想はコメント欄やSNSにお寄せいただけると幸いである。

(選定・文:Takatoshi Inagaki)

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly