Menu
(0)

Search

2021年アカデミー賞授賞式、例年通り会場で対面開催の方針

アカデミー賞
Photo by Prayitno https://www.flickr.com/photos/prayitnophotography/6883792695/

2021年4月25日(米国時間)開催、第93回アカデミー賞授賞式は例年通り会場での対面開催となる見込みだ。主催の映画芸術科学アカデミー、テレビ中継を担当する米ABC局が米Varietyにて明かした。

当初、2021年の授賞式は2021年2月28日(米国時間)に開催される予定だったが、新型コロナウイルスの感染拡大による映画業界へのダメージなどを鑑みて約2ヶ月の延期が決定。これを受け、候補に適格とされる期間も2021年2月28日まで延長され、条件付きながら配信でのリリースも認められることになった。

報道によると、アカデミー側は、映画館の営業が2021年春までに本格再開され、より多くの作品が候補に加わることを期待しているとのこと。ただし、映画館の営業が希望通りに再開されない場合も授賞式は春に開催予定であり、従来通りの開催を継続する方向で動いているという。なお、例年の会場である米ロサンゼルスのドルビー・シアターは3,400人収容できるが、2021年も同じ会場で実施するとして何人を収容するのか、どんな感染対策が講じられるのかは不明。実際にどれだけの候補者や関係者が出席を希望するかも問題となりそうだ。

なお、2020年9月のエミー賞授賞式は、候補者の自宅と授賞式の会場をZoomで繋ぐリモート形式で開催された。アカデミー賞に先がけては、ゴールデングローブ賞や放送映画批評家協会賞、全米映画俳優組合賞、英国アカデミー賞の授賞式も開催されるが、各賞がどのような対応を講じるかにも注目しておきたい。

Source: Variety

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。外部寄稿に『TENET テネット』『ジョーカー』『シャザム!』『ポラロイド』劇場用プログラム寄稿など。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly