Menu
(0)

Search

『ブレードランナー 2049』がマーベル映画に受けた影響とは ― さらなる続編はありうる?

ブレードランナー 2049
(C) 2017 Alcon Entertainment, LLC., Columbia Pictures Industries, Inc. and Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved.

映画ブレードランナー 2049』は、1982年公開のSF映画『ブレードランナー』の35年ぶりの続編だ。巨匠リドリー・スコットが創り出した映画史に燦然と輝く作品を、新たな作り手たちはいかに受け継ぎ、また広げていったのか。その裏側には、現在の映画界で絶大なる人気を獲得するマーベル・シネマティック・ユニバースの影響があったという。

前作を執筆したハンプトン・ファンチャーと共同で『ブレードランナー 2049』の脚本を手がけたマイケル・グリーン氏は、名作の世界観をいかに拡大するか、続編を書くとはどういうことか、といった点でマーベル・シネマティック・ユニバースの教訓を活かしたようだ。米エンターテインメント・ウィークリー誌に語っている。

「語る価値のある物語から始める」

マーベル・シネマティック・ユニバース作品『ブラックパンサー』(2018年3月1日公開)は、ビジュアル面などに『ブレードランナー』の影響を受けているという。そんな『ブレードランナー』の続編がマーベル・シネマティック・ユニバースから影響されているとすれば、ここでは不思議な循環が起きていることになりそうだ。

傑作SF映画の続編に挑んだマイケル氏は、同時代のヒット・シリーズをどのように見つめていたのだろうか?

「とても多くのスタジオや権利の所有者たちが、マーベルの成功を見て、憧れ、どうすれば同じことができるのかと思っています。私にとってマーベルの教訓とは、“ユニバースを作ることから始めない”ということです。語る価値のある物語を語ることから始めるんですよ。」

すなわち『ブレードランナー 2049』の場合、いかに『ブレードランナー』の世界観を引き継ぐかを最初の問題にするのではなく、『ブレードランナー』の要素を使いつつ、いかに充実したストーリーを生み出すかが問題なのだということだろう。マイケル氏はこう続ける。

素晴らしい物語に優れた演出がつき、見事に演じられ、そして人々の心に残れば、その作品は宇宙を生み出すブラックホールになるでしょう。もしも観るに堪える映画を作るよりも先にユニバースを造ろうとすれば、手のつけようがなくなってしまいます。この物語や脚本を作りながら、スピンオフや続編の可能性について話をしても意味のないことです。」

実際、マイケル氏は『ブレードランナー 2049』に携わる中で、スピンオフや続編よりも、むしろ『ブレードランナー 2049』というタイトルにふさわしい物語になっているかどうかを突き詰めたと話している。遠回しながら、今のところは“さらなる続編”の構想がないことを意味しているだろう。

ちなみに『ブレードランナー 2049』を執筆したマイケル氏は、2017年、あらゆる“アップデート”に次々と挑んできた脚本家だ。ニール・ゲイマンによる小説をドラマ化した『アメリカン・ゴッズ』、長きにわたるヒュー・ジャックマンのウルヴァリンを締めくくった『LOGAN/ローガン』、リドリー・スコット自身が手がけるシリーズ最新作『エイリアン・コヴェナント』(原案)、そしてアガサ・クリスティーの名作を再映画化する『オリエント急行殺人事件』(12月8日公開)である。“まずは語る価値のあるストーリーを”という発想は、『ブレードランナー 2049』のみならず、マイケル氏の複数の仕事に通じるものだろう。

映画『ブレードランナー 2049』は2017年10月27日より全国ロードショー

Sources: http://ew.com/movies/2017/10/08/blade-runner-2049-ending-explained/
http://screenrant.com/blade-runner-2049-sequel-plans-marvel-influence/

 

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly