Menu
(0)

Search

【夕刊】ハル・ベリー初監督作の予告/『おおきいあかい クリフォード』実写版の最終予告/『スター・ウォーズ』クリーチャーのアニメシリーズが公開 ほか

THE RIVER夕刊号では、その日の記事にはあげられなかったけれど注目しておきたいニュースや話題をまとめてお届け。2021年10月15日のトピックはこちら!

ハル・ベリー初監督作『ブルーズド』の予告編

『X-MEN』シリーズや『ジョン・ウィック:パラベラム』(2019)などのハル・ベリーの主演・初監督作、『ブルーズド ~打ちのめされても~』より予告編が公開された。Netflixにて2021年11月24日より独占配信となる本作は、世間から見放された格闘家が、リングで、そして人生で、栄光を取り戻すべく奮闘する姿を描くヒューマンドラマだ。共演者には、シャミア・アンダーソン、エイダン・カント、ダニー・ボイド・Jr、アドリアーニ・レノックス、シーラ・アティム、ヴァレンティーナ・シェフチェンコ、スティーヴン・ヘンダーソンらが名を連ねている。

『おおきいあかい クリフォード』実写版の最終予告

『おおきいあかい クリフォード』の実写映画版『Clifford the Big Red Dog(原題)』より最終予告編が米国公開された。米国の児童文学作家ノーマン・ブリッドウェルによる『おおきいあかい クリフォード』は、巨大な赤い犬と飼い主の友情を描いた作品で、1963年に発表されてから50年以上に渡り愛され続けており、アニメ映画化もされている。実写映画版では、エミリーとケイシーおじさんが、驚異的な成長を遂げるクリフォードを、邪悪な遺伝学会社から守るため奮闘する姿が描かれていく。Paramount+および劇場にて、2021年11月10日より米国配信・公開予定。

『スター・ウォーズ』クリーチャーのアニメシリーズが公開、初回2話はポーグとバンサ登場

『スター・ウォーズ』に登場する個性豊かなクリーチャーたちを活き活きと描く短編アニメシリーズ「Star Wars Galaxy of Creatures」が公開された。冒険ドロイドのSF-R3が、様々なクリーチャーたちと出会っていく。公開された2話ではポーグとバンサが登場。全12話で、毎週木曜に2話ずつ公開になる。

Source: CBR

「ジャック・ライアン」シーズン4決定、マイケル・ペーニャ出演へ

Amazon Prime Videoで配信のドラマ「トム・クランシー/ CIA分析官 ジャック・ライアン」のシーズン4が製作されることが決定し、新キャストとして『アントマン』シリーズのマイケル・ペーニャが加わる。役どころは不明。シーズン3の配信時期は追ってアナウンスされるという。

Source: Deadline

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly