Menu
(0)

Search

【夕刊】『ジョン・ウィック』生みの親が『バトルチェイサーズ』ドラマ化/『ウエスト・サイド・ストーリー』中東諸国で上映禁止に/スピルバーグ自伝的映画が米公開決定 ほか

THE RIVER夕刊号では、その日の記事にはあげられなかったけれど注目しておきたいニュースや話題をまとめてお届け。2021年12月7日のトピックはこちら!

『ジョン・ウィック』生みの親が『バトルチェイサーズ』をドラマ化

『ジョン・ウィック』や『Mr.ノーバディ』(2021)の生みの親デレク・コルスタッドが新たに実写ドラマシリーズ「Battle Chasers(原題)」の脚本と製作総指揮を務める。原作は90年代のカルト的人気コミックで、ターン制RPGゲーム『バトルチェイサーズ:ナイトウォー』にもなっている。製作はアルコン・エンターテインメント。

Source:Deadline

スティーブン・スピルバーグ監督の自伝的映画『The Fabelmans』2022年11月に米国公開決定

スティーブン・スピルバーグ監督による自伝的映画『The Fabelmans(原題)』が、2022年11月23日に米国公開されることが決定した。スピルバーグ監督が過ごした幼少時代を基にした作品になるとのことだ。キャストには、『ザ・プレデター』(2018)ゲイブ・ラブレが主人公の少年役、ミシェル・ウィリアムズが母親役、ポール・ダノが父親役、セス・ローゲンが叔父役として名を連ねている。

Source: Deadline

『ウエスト・サイド・ストーリー』中東諸国で上映許可降りず

スティーブン・スピルバーグ監督最新作『ウエスト・サイド・ストーリー』が、サウジアラビアやアラブ首長国連邦といった幾つかの中東諸国では上映禁止となる。セクシュアリティや罵り言葉といった劇中の表現が、文化的にそぐわないことが要因と思われる。現地当局は検閲の末に複数シーンのカットを求めたが、米ディズニーは要求に応じなかったとも伝えられている。ほか上映が見送られる国は、カタール、クウェート、バーレーン、オマーン。

Source:Variety

デイヴ・バウティスタM・ナイト・シャマラン監督最新作『Knock at the Cabin』で出演交渉中

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズのデイヴ・バウティスタが、『シックス・センス』(1999)『オールド』(2021)のM・ナイト・シャマラン監督・脚本最新作『Knock at the Cabin(原題)』で出演交渉中であることがわかった。物語の詳細は不明。2023年2月3日に米国公開予定。

Source: Deadline

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly