Menu
(0)

Search

【夕刊】ノーラン監督最新作の撮影開始近づく/ケヴィン・コスナー監督の西部劇が始動/『マスターズ・オブ・ユニバース』実写化、ヒーマン役が決定 ほか

THE RIVER夕刊号では、その日の記事にはあげられなかったけれど注目しておきたいニュースや話題をまとめてお届け。2022年1月31日のトピックはこちら!

クリストファー・ノーラン最新作『オッペンハイマー』撮影開始近づく

『TENET テネット』(2020)に続くクリストファー・ノーラン監督最新作『オッペンハイマー(原題:Oppenheimer)』の撮影開始が近づきつつあるようだ。撮影地となる米ニューメキシコ州の現地ジャーナルABQ Journalによると、2022年3月より同州のロス・アラモスで開始される撮影に向けて、1920〜40年代のキャラクターの為のキャスティング募集がスタートしているという。本作では、キリアン・マーフィーを主演に、“原爆の父”と呼ばれたアメリカの物理学者ロバート・オッペンハイマーの生前の活動に焦点が当てられる。2023年7月21日に米公開予定。

Source: ABQ Journal

ケヴィン・コスナー、『ワイルド・レンジ』以来となる監督作を発表

『ワイルド・レンジ 最後の銃撃』(2003)以来となるケヴィン・コスナー監督作が発表された。『Horizon』というタイトルで、監督が長年情熱を注いできた企画とのこと。南北戦争前後、15年間に渡る西部開拓を多面的に描く西部劇だ。コスナーは監督のほか主演も兼任。2022年2月よりキャスティングが、8月29日より撮影開始となる。

Source: Deadline

ハズブロ社、『インディ・ジョーンズ』新作に向けルーカスフィルムとライセンス契約更新

ハリソン・フォード主演の『インディ・ジョーンズ』第5作に向け、ハズブロ社がルーカスフィルムとのライセンス契約を更新。『インディ・ジョーンズ』シリーズの玩具はこれまで同様、ハズブロ社から発売される。同時に、『スター・ウォーズ』シリーズの玩具製作もハズブロ社にて継続されることとなった。

Source: Collider

『マスターズ・オブ・ユニバース』実写化、ヒーマン役が決定

マテル社とNetflixによる『マスターズ・オブ・ユニバース』の実写化企画で、ヒーマン役を『ウエスト・サイド・ストーリー』(2021)などで注目のカイル・アレンが演じる。監督はサンドラ・ブロック主演『ザ・ロストシティ』も注目のニー兄弟。

Source: Variety

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly