Menu
(0)

Search

【夕刊】『エクス・マキナ』監督新作の米予告/クリス・エヴァンス最新作、エイドリアン・ブロディ出演/『炎の少女チャーリー』リメイク版の米予告 ほか

THE RIVER夕刊号では、その日の記事にはあげられなかったけれど注目しておきたいニュースや話題をまとめてお届け。2022年2月10日のトピックはこちら!

『エクス・マキナ』監督最新作『Men』米予告編

『エクス・マキナ』(2014)『アナイアレイション -全滅領域-』(2018)の鬼才監督、アレックス・ガーランド監督最新作『Men(原題)』より米国版予告編が公開された。主人公の女性ハーパー(ジェシー・バックリー)は、ある悲劇をきっかけに癒やしを求めて英国の田舎に引っ越すことに。そこで体験する恐怖を描くホラーだ。2022年5月20日より米国公開予定。日本では、ハピネットファントム・スタジオより公開予定だ

クリス・エヴァンス最新作にエイドリアン・ブロディ参加

クリス・エヴァンスとアナ・デ・アルマスが共演する“ハイ・コンセプト・ロマンティック・アクション・アドベンチャー”映画『Ghosted(原題)』に、『戦場のピアニスト』(2002)などのエイドリアン・ブロディが出演する。監督は『ボヘミアン・ラプソディ』(2018)『ロケットマン』(2019)デクスター・フレッチャーが務める。製作・配給は米Appleが担当。

Source: Deadline

ザック・エフロン出演『炎の少女チャーリー』リメイク版、米予告&公開日決定

スティーヴン・キングによる同名小説を再映画化する『ファイアスターター(原題:Firestarter)』の米予告編が公開。あわせて、2022年5月13日より米劇場公開&配信(Peacock)開始となる。オリジナル版の映画『炎の少女チャーリー』(1984)でドリュー・バリモアが演じたチャーリー役には、『トゥモロー・ウォー』(2021)のライアン・キエラ・アームストロングが抜擢され、チャーリーの父親役はザック・エフロンが演じる。製作は『ゲット・アウト』(2017)『ハロウィン』(2018)のブラムハウス・プロダクションズ。

ロード・オブ・ザ・リング』J.R.R.トールキン作品の権利が売却に

J.R.R.トールキンによる『ロード・オブ・ザ・リング』『ホビット』などの作品の映画化、商品化、ゲーム化、ライブイベント化の権利がオークションにかけられる。現在権利を保有するソウル・ゼインツ社が売却する。少なくとも20億ドルの値がつくとの予想。ワーナー・ブラザースが関連コンテンツの新規開発に積極的ではなかったことから、権利の支配権を巡ってスタジオとゼインツ社は対立していたとされる。

Source: Variety

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly