Menu
(0)

Search

2019年アカデミー賞に『アベンジャーズ』クリス・エヴァンス、ブリー・ラーソンら登場 ─ ダニエル・クレイグや『クレイジー・リッチ!』メンバーも

[左]Glyn Lowe PhotoWorks https://www.flickr.com/photos/glynlowe/22549225906/ [中・右]Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/14615990538/ https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/27993599483/

2019年2月24日(米国時間)に開催される第91回アカデミー賞授賞式に、プレゼンターとして『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019年4月26日公開)を控えるクリス・エヴァンスブリー・ラーソンらが登壇することがわかった。

このたび映画芸術科学アカデミーが発表したプレゼンターには、クリス・エヴァンス、ブリー・ラーソンをはじめ、『007』シリーズでおなじみダニエル・クレイグ、2018年の話題作『クレイジー・リッチ!』(2018)のコンスタンス・ウーオークワフィナ、『マイティ・ソー バトルロイヤル』(2017)や『クリード』シリーズのテッサ・トンプソンが名を連ねた。

そのほか登壇するのは、『天使にラブ・ソングを…』シリーズのウーピー・ゴールドバーグ、『アトミック・ブロンド』(2017)や『タリーと私の秘密の時間』(2018)などのシャーリーズ・セロン、Netflixオリジナル映画『セカンド・アクト』(2019年2月22日独占配信)で久々の主演を飾ったジェニファー・ロペス、同名小説を映画化して高い評価を受けた『The Hate U Give(原題)』(2018)の新鋭女優アマンドラ・ステンバーグ。「サタデー・ナイト・クラブ」発の名コンビであるティナ・フェイエイミー・ポーラー、 声優としても多数の出演作を誇る女優マーヤ・ルドルフも参加する。

2019年1月、司会者不在となる第91回のアカデミー賞は、ハリウッドを代表する豪華メンバーがリレー形式で式を進行するスタイルになると伝えられた。なかでもプロデューサー陣は『アベンジャーズ/エンドゲーム』の出演者を可能なかぎり登壇させる意向だとされており、エヴァンス&ラーソン、トンプソンの3人が決定したことは、この報道を少しばかり裏付けるものともいえるだろう。

映画芸術科学アカデミーによれば、さらなるプレゼンターの顔ぶれは授賞式までの約3週間のうち随時発表されていくとのこと。年に一度のお祭りに、映画&テレビ業界の話題作からどんなスターたちが登場するのかを楽しみにしておこう。もちろん、『アベンジャーズ/エンドゲーム』出演者が今後増えていくことも十分に考えられる。

なお授賞式の追悼コーナーでは、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(2015)のオープニング&エンディングで指揮を担当した指揮者のグスターボ・ドゥダメルとロサンゼルス・フィルハーモニックが演奏を担当するとのこと。

第91回アカデミー賞授賞式は2019年2月24日(米国時間)に開催予定

ノミネート一覧はこちらでチェック!

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly