Menu
(0)

Search

2020年アカデミー賞プレゼンター第2弾にマーク・ラファロ、ティモシー・シャラメら登場 ─ 『スター・ウォーズ』『ジョーカー』からのキャストも

マーク・ラファロ 東京コミコン2019
©THE RIVER

202029日(米国時間)に開催される第92回アカデミー賞授賞式の第2弾プレゼンターとして、『アベンジャーズ』シリーズのマーク・ラファロ、『君の名前で僕を呼んで』(2017)ティモシー・シャラメ11名が発表された。

アカデミー賞授賞式のプロデューサー、リネット・ハウエルとステファニー・アレインが発表したプレゼンターには、ラファロやシャラメをはじめ、『ワンダー・ウーマン』(2017)のガル・ガドット、『ジョーカー』(2019)のザジー・ビーツ、『アリー/スター誕生』(2018)のアンソニー・ラモス、『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』(2019)のケリー・マリー・トランらが名を連ねている。

そのほか、次回作に『ワンダー・ウーマン 1984』(2020)を控えるクリステン・ウィグ、『オーシャンズ8』(2018)のミンディ・カリング、『オースティン・パワーズ』シリーズのウィル・フェレル3年連続エミー賞(コメディーシリーズ部門)受賞作品「Veep/ヴィープ」(2012-2019)のジュリア・ルイス=ドレイファス、ブロードウェイ・ミュージカル『イン・ザ・ハイツ(原題:In the Heights)』『ハミルトン(Hamilton)』でトニー賞受賞の作曲家リン=マニュエル・ミランダが登壇する予定だ。

2019年に引き続き、司会者不在で行われる予定の2020年授賞式には、コメディ番組「サタデー・ナイト・ライブ」(1975-)に計139話出演し、コメディアンとしても活躍するウィル・フェレルや、「となりのサインフェルド」(1990-1998)「Veep/ヴィープ」でエミー賞主演女優賞(コメディシリーズ部門)を獲得したジュリア・ルイス=ドレイファスなど、コメディ界のベテランがプレゼンターとして登壇するのも特徴。コメディの世界で培った、ユーモアのある語り口で授賞式の場を盛り上げてくれるだろう。

今回の第2弾の発表に先がけて、2019年アカデミー賞受賞者のラミ・マレックマハーシャラ・アリ4名の登壇が既に決まっている。授賞式までの数週間で更なるプレゼンターも発表予定だ。続報に期待しよう。

92回アカデミー賞授賞式は202029日(米国時間)開催予定。

第1弾はこちら

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly