Menu
(0)

Search

キャプテン・アメリカ役クリス・エヴァンス、『アベンジャーズ4』撮影最後のセリフは「バカバカしかった」 ― 再共演ヒーローがひとり判明

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』キャプテン・アメリカ(クリス・エヴァンス)
© Walt Disney Studios Motion Pictures 写真:ゼータイメージ

2018年10月4日(米国時間)、キャプテン・アメリカ役のクリス・エヴァンスが、映画『アベンジャーズ』第4作(正式タイトル不明)の撮影をすべて終了した。『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018)の衝撃の展開を受けて、ここから物語はどう進んでいくのか……。このたび、エヴァンスが“撮影で最後に喋ったセリフ”の情報を明かしている。

注意

この記事には、映画『アベンジャーズ』第4作のネタバレと捉えうる内容が含まれています。

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』キャプテン・アメリカ(クリス・エヴァンス)
© Walt Disney Studios Motion Pictures 写真:ゼータイメージ

キャプテン・アメリカ、アントマンと再共演へ

2018年10月13日(米国時間)に開催された「Ace Comic Con Midwest 2018」にて、エヴァンスはファンの「撮影で最後に喋ったセリフを教えてください」との質問に応答。残念ながらセリフそのものは明かされなかったが、気になる情報が語られている。

すごくバカバカしいセリフでしたね、ほんとにくだらなかった。言っちゃいけないと思うんですけど…。[中略]再撮影でのセリフです。ちょっとしたやり取りや、必要な場面を少しだけ撮りましたよ。ポール・ラッド(アントマン役)へのセリフだったと思います。彼は現場にいなかったんですけど、バカバカしいセリフだったな。忘れられないセリフってわけじゃないですよ(笑)。撮影の最終日はあのセリフよりは印象的だった(笑)。」

ここでエヴァンスの口から明らかにされているのは、『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016)以来となるキャプテン・アメリカとアントマンの共演だ。撮影現場での写真がすでにリークされたことはあったが、出演者本人の口から認められるのは今回が初めてとなる。さて、「バカバカしいセリフ」とは一体どんなものだろう。『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』でグルートに放った一言を超えるセリフは飛び出すのか…?

なおエヴァンスは、この『アベンジャーズ』第4作をもってマーベル・スタジオとの出演契約を満了する見込み。ここでは「最終日はあのセリフよりは印象的だった(笑)」とジョークを交えて語られているが、撮影終了後、エヴァンスはTwitterに自身の心境を投稿。このイベントの中でも「撮影の最終日はすごく気持ちが高ぶっていた」、「思った以上にいろんな感情がこみ上げてきて…感謝の気持ちを伝えるべきだと思ったんです」と話している

映画『アベンジャーズ』第4作(正式タイトル不明)は2019年5月3日に米国公開予定再撮影・追加撮影は2018年10月12日(米国時間)に終了しており、映画本編は2019年3月の完成を目指して製作が進められている

Sources: Ace Comic Con, ComicBook.com

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly