Menu
(0)

Search

トム・ヒドルストン「ロキは救われた」 ― 『マイティ・ソー』から『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』を振り返る

マイティ・ソー バトルロイヤル
© Walt Disney Studios Motion Pictures 写真:ゼータ イメージ

映画『マイティ・ソー』『アベンジャーズ』シリーズでロキ役を演じてきたトム・ヒドルストンが、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)におけるロキの物語を総括した。
『マイティ・ソー』(2011)で登場して以来、『ブラックパンサー』(2018)に至るまで「MCU最高のヴィラン」という評価をほぼ独占してきたロキというキャラクターを、演じるトムはどのように考えてきたのだろうか。

注意

この記事には、映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』のネタバレが含まれています。

トム・ヒドルストンが振り返る「ロキの物語」

『マイティ・ソー』でクリス・ヘムズワース演じる兄ソーや、アンソニー・ホプキンス演じる父親オーディンへの複雑な思いを示したロキは、『アベンジャーズ』(2012)でコミカルな要素を持つ悪役として活躍し、『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』(2013)や『マイティ・ソー バトルロイヤル』(2017)では、シリアスな内面とトリックスターとしての役割を再び強調した。ところが家族をめぐる物語が終結を迎えるや、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018)の冒頭において、ロキはサノスによって命を奪われてしまう。サノスはロキの死体に向けて、「今度こそ生き返るまい」という言葉を投げかける……。

ロキというキャラクター個人に目を向けてみれば、その物語はあまりにも悲しい。家族からの愛情や自身のアイデンティティを求めながら、同時に誰を信じることもなく、他者を欺きながら生きてきた人物が、ようやく本望を遂げた矢先に殺されてしまうのだ。しかし演じるトムは「ロキは救われた」と言い切る。

「大切なのは、彼は救われたんだということです。ロキという人物はずいぶん長い間傷ついてきましたから、僕はそのことにすごく感動しました。1作目(『マイティ・ソー』)で衝撃的な出来事があってから、彼の心は非常に脆く、非常に孤独だったと思います。自分が(オーディンの)養子だったこと、それどころか、父親が自分を見捨てたことを知ったんですから。そこで彼は、自分は見捨てられたんだ、孤独なんだという思いを内面化しました。そういう思いが激しいものに、強い怒りに変わって、彼はヴィランになったんです。」

マイティ・ソー バトルロイヤル
『マイティ・ソー バトルロイヤル』より © Walt Disney Studios Motion Pictures 写真:ゼータ イメージ

こうした出来事を経て、ロキは『アベンジャーズ』で地球侵略に乗り出し、『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』ではさらなる悲劇を目の当たりにする。しかしトムは、この時のロキについて「自分自身を認識できていない」と解説した。

「(『アベンジャーズ』で)ロキは地球にやってきて侵略を試みる…あらゆる意味でヴィランになるわけです。彼は憎しみと怒りに突き動かされていて、その後(『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』で)母親を失ってもなお、ある意味では自分自身を認識できていません。
そして『マイティ・ソー バトルロイヤル』の冒頭で父親を失う時、彼は息子の一人だと呼ばれます。オーディンはロキを含めて“息子たち”と呼びますからね。そして姉ヘラによる混沌がもたらされ、ソーとロキは力を合わせなければならなくなる。ソーとロキは本当に通じ合うんです。(『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』では)すべてが一周して、ロキは自分をオーディンの息子だと呼びます。自分はそういう存在なのだと心から理解し、兄を守ることを前にして、父親による愛情の強さを感じるんですよ。だから、僕は非常に感動したんです。」

これまでトムは、公の場でロキというキャラクターに関する自身の解釈をきちんと言葉にしてきた。時には「(ロキが求めているのは)自分の心だと思います。ロキは自分自身を認めていないし、嫌っている」語り「本物の悪ではないと思います」とも述べてきたのである。“人間以上に人間らしい”神の姿を描き出しつつ、コミカルかつユニークなキャラクターとしての使命も同時に全うしてきた演技には、徹底して知性的な役柄へのアプローチがあったのだ。

ちなみにイベントでは、トムが一人の少年から「ロキは本当に死んじゃったんですか?」という剛速球の質問を受ける場面もあった。『アベンジャーズ』第4作(正式タイトル不明)に関わるからか、あるいは質問したのがあまりに純粋な少年だったからか、トムはその真相を明らかにしていない。

Sources: Ace Comic Con, ComicBook.com

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly